LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

コンセプトの重要性と、コンセプトをはっきりさせるための5つの質問

f:id:office-ebisu:20171002210245j:plain

商売を始めたならお客様を増やしたいと思うのは当然。ただし、お客様を呼び込むには明確で絞り込まれたコンセプトが必要不可欠です。


いくら優れた商品を作り上げても(扱っていても)、気づいてもらわなければ人は集まりません。かといって、ただ単にお金をかけて派手にするだけでは、かえって悪い印象を与えてしまう。


肝心なのは経営者のコンセプトをしっかりと伝え、商品を「心地よく目立たせる」ことです。


今回はコンセプトの重要性と、コンセプトをはっきりさせるための5つの質問について書いてみたい。


スポンサーリンク



コンセプトの重要性について

f:id:office-ebisu:20171003085524j:plain

「なんでもあります!」は「なんにもない!」のと同じ

第一印象が良い、人が集まるお店、儲かるお店をつくるために、まず初めに取り組まなければならないことは明確なコンセプトをつくり上げること、そして絞り込むことです。ここでいうコンセプトとは、経営者の思いや考えをもとにした方向性のことです。何をウリにして商売しているお店なのかをはっきり示すことが大切です。あれやこれやと、いろんな特徴をアピールしてもお客様の心には決して響きませんし、最悪、誰のためのお店なんだとお客様を困惑させてしまいます。

コンセプトを絞り込むには捨てる勇気が必要

コンセプトを絞り込むとは、一部のお客様を捨ててしまうことでもあります。多くの経営者はお客様を捨てることに足踏みしてしまいます。でも、絞り込みができなければ、全く特徴のないお店になってしまいます。それではお客様から選ばれるお店にはなりません。しっかりとしたコンセプトを持ったお店づくりは、お客様に支持されるお店の第一歩なのです。


コンセプトをはっきりさせる5つの質問について

f:id:office-ebisu:20171002210711j:plain

  1. あなたのお店は、どのくらい知られていますか?
  2. あなたのお店は、お客さんにどんなメリットを与えることができますか?
  3. あなたのお店は、あなたのお店の強みは何ですか?
  4. あなたは自分のお店の強みを出すために、今の商売の中で何を捨てることができますか?
  5. あなたのお店が、ファンを増やしていくためにすることはなんですか?


これらの問いに対し、ハッキリとした言葉で答えることができれば、ある程度コンセプトが見えてきた証拠。ハッキリと言葉にできなかったときは足りないところがある証拠なのです。

おすすめの良書

最後にコンセプトに関する良書を紹介しておく。やさしく書いてあるからと言って、すらすら読み飛ばしてはもったいない。じっくり読んでほしい。

コンセプトのつくり方 たとえば商品開発にも役立つ電通の発想法

コンセプトのつくり方 たとえば商品開発にも役立つ電通の発想法



トップページへ

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。