LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

高価な『もの』や『サービス』を販売するブログ記事の書き方。その書き方、全部教えます。

f:id:office-ebisu:20170926231409j:plain

一契約98万円の商品を無料ブログだけで年間11本売った方法をお話します。7年ほど前、ブログを2日に一度更新するだけで、年間1000万円以上の収益をたたき出したことがありました。


この収益はコンサルティングサービスを販売することで得られたものです。驚くべきことに、一契約98万円のコンサルティングサービスがブログを更新するだけで年間11本販売できたのです。


当時はブログサービスについてあまり知りませんでしたから、無料で運営できることと、無料でも広告が外せるという理由だけでシーサーブログを選びました。まあ、海のものとも山のものとも知れないブログサービスにお金や時間をかけられなかったのが正直なところです。


では、本題に入ります。


まずは、その分野においては誰にも負けない自信があったビジネスを開業支援パックとして販売しました。いわゆる、経営ノウハウを販売するものです。


価格設定については、安売りするのではなく(大手より少し高め)、この料金なら私自身が本気で動けるという価格を設定しました(98万円頂いて200万円分の仕事をするということです)


スポンサーリンク



高価なものでもブログで売れる!そんなブログの書き方とは?

f:id:office-ebisu:20170926231158j:plain

ブログはSEO的にホームページより優れています。短時間でインデックスされるので、ホームページと比べて鮮度の高い情報をいち早く多くの人に発信することができます。


デザイン性やページごとの自由度(カスタマイズ性)を考えるとホームページの方がブログより上かも知れませんが、フレッシュな情報の発信や仲間との気楽な交流はブログの方がホームページより上です。

ブログ記事の書き方

本気のページは1記事だけで充分

年間1000万円というと、毎日どれだけパソコンの前に座っているんだと思うかもしれません。そりゃブログ開設時は毎日更新しましたよ。一日2つ、3つ更新する時さえありました。


しかし今となっては年間10回程度の更新です。私が運営しているブログは、記事数が1348。その内の1347記事は私の会社の単なる業務日誌(写真一枚と文章200~400文字程度)です。1347記事が単なる業務日誌ですから、収益に直接繋がる本気の記事はたった1記事だけということになります。


ただ、この記事には、


私の魂が恐ろしいほど込められています!(書くのに一日3時間、2週間かけて書き上げました)


魂を込めた記事は一つでいい!SEOなんて二の次

SEO対策なんて二の次。「キーワードは何にしよう」なんていちいち考えない。そんなこと考えていたら自分の言葉で記事を書くことができなくなってしまいます。

  • 読者が気持ちよく読み進めることができるように書く!
  • 自分の言葉を使って感情むき出しで書く!(批判や乱暴な言葉づかいはNG)


魂を込めた記事を書く前の下準備

f:id:office-ebisu:20150420152707j:plain

魂を込めた記事は一日で完成させることは不可能です。マインドマップを使ってきちんと思考を整理したうえで本気で書きます。本気です!


そこには売り込みは一切ありません。私の場合は、27,521文字。一週間かけて書き上げました。

1記事本気(27,521文字)、残りの記事はブランディング

時間をかけてメルマガやステップメールを使って見込み客を教育しなくても、ブログ構成を工夫することで、たった1記事だけで同じような効果を得ることができます。


一記事を本気で書いて、あとはその記事の裏付けとなる記事を日々投稿(更新)していくという感じです。裏付けとなる記事の更新は、自分自身のブランディングに繋がっていきます。

記事の構成

  • これまでの経緯
  • 業界の説明と将来性
  • 問題提起1とその改善策
  • 問題提起2とその改善策
  • 問題提起3とその改善策
  • 弊社のサービス概要
  • 弊社が約束できること
  • 目標と実績
  • 弊社サービス契約までの流れ
  • お客様の声10件
  • サービス料金
  • 見込み客を限定する告知文(以下に一部掲載)
  • 資料請求のページに誘導


見込み客を限定する告知文

f:id:office-ebisu:20150420152716j:plain


資料請求のリンクはたった一カ所でいい

本気の人でない限り最後まで読み切ることができない27,521文字の記事。文章をかみしめながら読むと最低でも30分は必要です。この30分の記事の中で読者を教育することができます。


ブログの全ページに資料請求のリンクを貼るのではなく、この本気で書いた記事の最下部(記事内)の一カ所だけに資料請求のリンクを貼ります。


なぜ資料請求のリンクは一つだけでいいのか?


なぜ資料請求のリンクは一つだけでいいのかというと、それは本気の人だけに資料請求してほしいからです。遊び半分で資料を請求してきた方に無駄な時間を割きたくないのです。

おわりに

私のブログの場合、資料を請求してきた方の79.8%は面談予約してくださいます。また、その後、本契約に進んでいただけるのは、79.8%のうちの93.9%の方です。商用(ビジネス)のブログを作る上で大切なことを書きましたが、一番大切なことは書き手の熱意です。飾り付けのない自分の言葉で、精魂込めて、一つの記事を書き上げることの重要性がお分かり頂ければとても嬉しいです。



トップページへ

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。