LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

あなたはコミュニティビジネスを知っていますか?たぶん知らんよね。

f:id:office-ebisu:20170920233107j:plain

全国でコミュニティビジネスの取り組みが活発化している。コミュニティビジネスは地域の課題に積極的に取り組むビジネスです。私はこのビジネスは資金的にもそして時間的にも少しばかり余裕のある団塊世代の人に、積極的に取り組んでもらいたいと思っています。


スポンサーリンク



コミュニティビジネスは地域の課題に積極的に取り組むビジネス

f:id:office-ebisu:20170920233541j:plain

コミュニティ・ビジネスとは、地域(コミュニティ)等におけるニーズや課題に対応するための事業。ヒト、地域産品、自然環境、歴史・文化などの地域資源を活用して、雇用や地域経済活性化など地域が抱えるさまざまな問題を解決するためのビジネスです。 

【コミュニティビジネスとは】
地域(コミュニティ)等におけるニーズや課題に対応するための事業がコミュニティ・ビジネスである。主に地域における人材、ノウハウ、施設、資金等を活用することで、対象となるコミュニティを活性化し、雇用を創出したり人の生き甲斐(居場所)などをつくり出すことが主な目的や役割となる場合が多い。さらに、コミュニティ・ビジネスの活動によって、行政コストが削減されることも期待されている。


コミュニティ・ビジネスは、近年、全国的に広がっており、その経営主体は持分会社、NPO法人、協同組合などさまざまな形態がある。最近のコミュニティビジネスの社会的な機能として、

  1. 行政の民営パートナー
  2. 協働パートナーの育成と行政コストの削減
  3. シニア、主婦、学生等による社会起業家の輩出
  4. NPOや市民活動の自立化と継続性
  5. 地域経済活性化、地域の特性を活かしたまちづくり、地域おこし


などが期待されている。


また、コミュニティ・ビジネスは指定管理者制度、構造改革特区、市場化テストといった制度との関係性も深く、新しい公共の担い手として、行政コストの削減とともに地域におけるきめの細かいサービス提供の担い手としての役割も期待されている。


社会的企業(ソーシャルビジネス)、社会的企業家(ソーシャルアントレプレナー)、事業型NPO、非営利株式会社、労働者協同組合(ワーカーズコープ)などとも関係が深い。コミュニティ・ビジネスという場合は一定の地域との結びつきが強い事業、ソーシャル・ビジネスという場合は(環境・教育など)地域を超えた事業、と区別されることもあるが、重なり合う場合も多い。



おわりに

これまでなら大人しく年金暮らしをしていたであろう元気なシニアに社会貢献を第一にしたコミュニティビジネスを進めてもらえば、雇用を生み出し、行政もコスト削減ができるのではないか。元気なシニア(団塊世代)が再び日本経済を支えるような気がしてなりません。



トップページへ

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。