LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

株のデイトレ必勝法!日中忙しいサラリーマンは『逆指値注文』を使おう!!

f:id:office-ebisu:20170914201002j:plain


逆指値という注文方法


株取引できるのは平日の月曜日から金曜日の午前9時から午後3時まで(午前11時半から12時半までの1時間はお昼休み)です。もちろん、年末年始は株取引できません。


ということは、普段株価の変動を追いかけられないサラリーマンはデイトレ(デイトレード)ができないのか?


そんなことはありません。


日中の仕事が忙しいサラリーマンだってデイトレは可能です。


なぜなら逆指値注文ができるからです。


ここで、逆指値注文を詳しく見てみます。


スポンサーリンク



逆指値注文を使えばリスクを最小限に抑えられる

f:id:office-ebisu:20170914201427j:plain

逆指値注文を使えば、(通常の指値注文とは発想が逆で、)指定した株価より高くなったら「買い」、安くなったら「売る」ことができます。


この注文方法のおかげで、リスクを最小限に抑えたり、また一定の利益を確定することができるようになります。


たとえば、


直近の高値である300円まで上がったら株を買い付けようと決めているとします(株価300円で予約)。300円で買った後、損失をあらかじめ限定するために、290円で逆指値注文を出しておくのです(290円まで下がったら、自動的に売り注文が出るように予約)。


この逆指値注文があれば、予想に反して株価が下落しても、損失を最小限に抑えることができますし、また、当然のことですが、株価が下がらず320円、330円と上がっていった場合には、売り注文は発動せず、株価上昇分に対する利益が取れることになります

おわりに

このように、逆指値注文であらかじめ「買い」と「売り」の価格を設定しておけば、すべて自動的に取引が成立するので、日中株価を追いかけられないサラリーマンでも安心してデイトレを楽しむことができます。パソコンの前で株価ボードに張り付いていなくてもいいわけです。



トップページへ

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。