LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

妻が『専業主婦バンザ~イ!』と大声で叫ぶまでのエピソード

f:id:office-ebisu:20170825230204j:plain

数年前、妻が「ちょっと真面目に聞いてほしい話があるの・・・」と言ってきた。私は彼女の話に恐る恐る耳を傾けた。


真面目に話を聞いてほしいなんて、これまで言われたことがなかったからだ。話の内容は仕事をやめて専業主婦になって子供と向き合う時間をもっともっと増やしたいということだった。


妻は大学を卒業してから、ずっと仕事をしていた。


結婚前も結婚後もずっと。


結婚前は大手広告会社、結婚後は私の会社で働いていて、残業があっても不平不満を口にせず、せっせと働いていた。


私は、こいつは仕事が何よりも好きなんだと、婆ちゃんになるまで仕事がしたいんだとずっと思い込んでいた。


実は彼女、「もっと余裕をもって子供と向き合いたい」、「もっと子供のことで時間を割きたい」と、私の解釈とは裏腹に常々考えていたのです。


朝8時に子供を保育園へ送って行って、そして勤務先へ直行。午後6時まで仕事をしてまた保育園へお迎えに行く。これを月曜から金曜まで繰り返す。子供と一緒に居るのは、朝の1時間と保育園にお迎えに行ってから寝るまでの4時間。これが彼女にはもの足りなかったのです。


彼女が仕事をやめた今、彼女は子供たちとずっといっしょに過ごしています。以前より生活をエンジョイしていように見えます。


f:id:office-ebisu:20170825231554j:plain


今朝、専業主婦になった感想を聞くと、


『専業主婦バンザ~イ!』


と叫んでいました。


これからは母として、子供達が成人するまで専業主婦でいたいようです。


彼女がずっと専業主婦でいれるように、私がしっかり稼いで・・・


まあ、稼げなくなった時は、数年前の妻のように「ちょっと真面目に聞いてほしい話があるの・・・」と切り出せばいいだけのことですが・・・(笑)

おわりに

私が思うに、子育てが落ち着いたら、専業主婦をやめて職場復帰したくなるんじゃないかと・・・。育児も楽しいけど仕事も楽しいですからね。



トップページへ

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。