LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

スマホ依存症の種類と依存度を計るテスト

f:id:office-ebisu:20170822232507j:plain

今の世の中、リアルとネットの2つの世界を行き来する日常があたり前になってきた。


私のような老眼が始まったおっさんでも、目を細めながらスマホの小さい画面の文字を追いかけている。人とロクに話もせずスマホやネットブックの画面に見入る時間が増えているのだ。


メールが普及したおかげで突然電話がかかってきて仕事や作業を中断されることも少なくなった。また、辞書や辞典なんてなくても知りたいことはGoogleの神様が一瞬で教えてくれる。


買い物だって昔と全然違ってきた。高価なものは今でも百貨店に行って購入するが、数万円までならアマゾンや楽天で注文、わざわざ出掛けなくても宅配のお兄さんが家まで持って来てくれる。人と接触しなくても物が買える時代になったのだ。


今となってはネットのない生活なんて考えられないが、このネットの強力な磁力(ネット依存)に飲み込まれるのではなく、たまにはネットを手放して仲間とキャンプへ行ったりバーベキューしたりと、人と人とのふれあいの機会をもっと増やさなきゃと思っている。


今日はスマホ依存症の種類を少しまとめてみたい。


スポンサーリンク



スマホ依存症の種類

f:id:office-ebisu:20170822232831j:plain

スマホ依存症の種類を6つあげてみる。


検索依存
LINEやメール依存
SNS依存(facebook・twitterなど)
オンラインゲーム依存
掲示板や動画サイト閲覧依存
チャット依存


などがある。


私の場合は検索依存。気になることがあったらすぐに検索して問題を解決しようという思考癖があるので、何か用事をしていても手をとめてポケットからスマホを取り出して検索してしまう。

ネット依存度を計るテスト

先日、ネットの依存度を計測できるサイトを見つけました。時間がある方は一度テストしてみてはいかがですか。


おわりに

最近は「お礼の言葉」だとか「お詫びの言葉」など、メールで送る人が増えてきました。メールで終わりかよ?って思うことが多々あります。「時代の流れ」と言われれば元も子もないが、今日から少しずつアナログチックな生活を意識しながら生きていこうと思いました。



トップに戻る

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。