LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

ずぶの素人がデイサービスを開業してはいけない4つの理由

f:id:office-ebisu:20170820000548j:plain


いきなりですが、病院の強い後ろ盾があるか、もしくは大金持ちでもない限り、デイサービスの開業は、やめなはれ!


もう少し時間をかけてリサーチすれば分かるはずです。デイサービス以外にもシニアをサポートするビジネスは山ほどありますよ!デイサービスを開業して数年足らずで廃業なんて悲しすぎます。今からシニアビジネスに参入するなら、介護保険適用外のサービスを事業の柱として組み立てるべきです。


今回は、ずぶの素人がデイサービスを開業してはいけない理由を4つにまとめてみる。


スポンサーリンク



ずぶの素人がデイサービスを開業してはいけない4つの理由

f:id:office-ebisu:20170820000447j:plain

1. 先を見越した経営ができない

介護制度改定で報酬が大幅にカットされたデイサービス。近年、廃業するデイサービスが増加、新規参入は減少している。

  • 利益が出ないから廃業、新しい分野で稼ぐ。
  • 利益を見込めそうにないから他の分野へ。


民間企業なら当たり前のことだ。


右行ったり左行ったり、国の政策がコロコロ変わって、そのたんびに運営者側は経営判断を迫られる。この国の介護制度ではのほほんと先を見越した経営なんてできないのだ。

2. 提供サービスの自由度が低い

その一方で、介護保険外のシニアビジネスは着々と利益を上澄みしている。その理由は提供サービスの自由度とスピードだ。介護保険を適用するサービスに関しては、常にケアマネージャーを介する必要があるが、適用外ならそんなもの必要ない。直接利用者や利用者の家族と話をして、さまざまなサービスを提案、そして実行できる。

3. お国の縛りが新サービスの足かせになる

例えば、民営化される前の郵便局だってそうだ。今では当たり前になっているが、冷たいものを冷たいままで届けるサービス。このサービスを始めたのは郵便局ではなく民間企業だ。お国の縛りがない環境の方が、新サービスを生み出しやすいのだ。新サービスが当たれば大きな収益を得ることができる。

4. 人件費が高すぎる

管理者、生活相談員、機能訓練指導員、看護職員などを雇用しなければいけないデイサービスに対して、介護保険適用外のビジネスは必要に応じて人員を増やしていける。開業のために高額な開業準備金は不要なのだ。

おわりに

次回の介護制度改定で、さらに介護報酬はカットされるだろう。稀に見ぬ厳しい業界。まちがえてもデイサービスで起業!な~んて考えない方がいい。



トップに戻る

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。