LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

ビジネスにおけるマネーサイクルについて自分自身の考えをまとめてみる。

f:id:office-ebisu:20170814004242j:plain

ビジネスのマネーサイクルには「引き潮」と「満ち潮」がある。入ってくるお金より出ていくお金の方が多い時は「引き潮」。その逆で、出ていくお金より入ってくるお金が多い時は「満ち潮」だ。


もしあなたが「引き潮」の状態であっても慌てる必要はない。なぜなら「引き潮」と「満ち潮」は必ず交互にやってくるからだ。


これはある意味ビジネスの自然サイクルといってもいい。


そりゃ良い時期も悪い時期も経験せず、ずっと右肩上がりの経営を続けている企業も世の中に一つや二つあるかもしれないが、あのiPhoneやiPadをこの世に送り出したアップル社でさえ良い時ばかりではなかったはずだ。


今回は、ビジネスにおけるマネーサイクルについて自分自身の考えをまとめてみたい。


スポンサーリンク



ビジネスにおける『満ち潮』を引き寄せる方法

f:id:office-ebisu:20160119044303j:plain

経営難に直面したときに思い出してほしいこと、それは経営者の努力次第で「引き潮」の期間を短縮できること。そして「引き潮」は長い人生の中ではほんの一時的なものにすぎないということだ。必ず「引き潮」に続く「満ち潮」はやってくるのだ。


「満ち潮」から「引き潮」に変化するときは、必ず大きな理由がある。その原因の多くは外部ではなく内部にある。


なぜそうなってしまったのかを深く考えなければならない。


理由のすべてをリストアップして、二度と同じ過ちを繰り返さないように早い段階で修正、そして肝に銘じることだ。それが「引き潮」から「満ち潮」を早期に引き寄せる力となる。

おわりに

経営者が知っておいて損がない「引き潮」と「満ち潮」というビジネスサイクルの存在。この概念を知っているだけで、経営者はある意味グッと楽になる。私自身これまで幾度となく「引き潮」に直面し、もう少しで倒産・破産に追い込まれそうになったことがある。しかし今となっては若気の至り、過去の一点にしか過ぎない。



BACK TO TOP

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.