LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

【映像】ロッククライマーのアレックス・オノルドは無謀でなく冷静な男

f:id:office-ebisu:20170724235820j:plain

命綱のロープを付けず、道具も使わず絶壁にへばりついては登って行く。世の中にはそういった命知らずのスポーツマンがいる。


ロッククライミングの世界では彼の名を知らぬ者はいないと言われる米国人ロッククライマーのアレックス・オノルドがその人だ。


スポンサーリンク



命綱なしなのだから、死と背中合わせの状態で頂上を目指していることになる。いったい彼はどういった精神状態でこんな危険なことをしているのだろう。


彼は2014年にメキシコ・モンテレイ市のエル・センデロ・ルミノソ(El Sendero Luminoso)という500m弱の高さを誇る絶壁でフリーソロ(命綱・道具なし)のロッククライミングに成功した。ちなみに東京タワーより100m以上高い。


彼はフリーソロというスタイルで難易度の高い岩壁に挑戦するので、多くの人は、彼を無謀な人間だとか、恐怖の感覚が麻痺している人間だと考える。


しかし『ROCK&SNOW number55 (spring issue) (別冊山と溪谷)』の中でのインタビューで、彼は「僕は誰よりも危険なことが嫌いだ」と答えている。


彼はただ単に高い壁に挑んでいるわけではなく、事前に岩のコンディションや天候を予測してから挑戦しているのだ。


彼は無理のあるクライミングは絶対にしないという冷静さも併せ持っているのだ。


では、彼の命知らずのロッククライミングの映像を見てほしい。



DEWAR'S - ALEX HONNOLD - "LIVE TRUE" from Xavi Santolaya - COLORIST on Vimeo.

おわりに

手足だけでなく、指先にまで神経を集中させ絶壁を登頂する姿。
もはや人間業とは思えない。



トップページへ

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。