LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

今年の夏はiPhoneで水中撮影してみよう!水中写真を撮る方法と注意点

f:id:office-ebisu:20170718151922j:plain

去年の夏は上の子も大きくなったので、家族で何度もプールへ行った。当時うちの子は上が4歳、下が1歳。ともに水遊びが大好きだ。ぼくは濡れた手で、チビたちの写真をiPadで撮り続けた。家に帰ってアルバムをチェックすると半分ほどが水中での写真だった。


今回は「iPhoneやiPadのカメラで水中写真を撮る方法と注意点」を書いてみる。


今から紹介する防水ケースを使えば外部からの水を完全にシャットアウトすることができる。いわゆる完全防水ってやつだ。iPhoneをケースに入れたままでカメラ操作ができるので、水中での撮影が可能になる。


また、このケースには取り外し可能なネックストラップもついているので、お出かけ時に、iPhoneをケースに入れて肩にかけて持ち歩ける。突然の激しい雨でも水没する心配がない。


気になるお値段だが、1,000円前後と良心的な価格になっている。ぼくが購入したときは2,000円前後だった(泣)

「iPhone」用の防水ケース

  • 対応機種:iPhoneシリーズ、GALAXYシリーズ、Xperiaシリーズ、AQUOS PHONEシリーズ、MEDIASシリーズ、REGZA Phoneシリーズ等の6インチまでの様々な機種に対応


水中写真を撮る時の注意点

f:id:office-ebisu:20170718162400j:plain

被写体に近づけ!

プールやお風呂はまだましだが、透明度の高い海だと思っていても、実際に水中に入ってみると浮遊物が多いためきれいに撮影できない。そのため被写体には可能な限り近づくことが撮影時のポイントになる。

防水ケースの曇りに気をつかえ!

暑い外気から冷たい水中に入れるとケース内側に少しの曇りが確認できた。もしかすると100均などで売っている乾燥シートを入れると良いかもしれない。


直射日光を避け、涼しい所に置くように心がけることが必要。温度差による曇りで大切なシャッターチャンスを逃すのはもったいない。

端末を取り出すときはケースの口は下向きに!

ケースからiPhoneやiPadを取り出す時は、手をきれいに洗って、水気を取ってからケースの口を下にして取り出すこと!口を上にした状態で取り出すと水滴や砂が入ってしまう可能性がある。要注意!!

おわりに

次期iPhoneは防水性能がアップするという噂もあるが、ぼくの場合、現在使用している端末の2年縛りがあと1年と2ヶ月残っているので、来年の夏もこの防水ケースが活躍することになりそうだ。



トップページへ

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。