LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

格安SIMと料金プランを、時間をかけずに正確に選ぶ方法

f:id:office-ebisu:20170715090314j:plain

ネットで検索すると、(日本のスマホ市場を引っ張る)次期iPhone情報がわんさか出てくるが、ぼくのような50過ぎのおっさんには、ふ~んくらいにしか思えない。


カメラ性能が向上するとか、情報処理スピードが上がるとか・・・。そんなのどっちでもいい。今使っている機種で十分満足しているからね。


20年ほど前(ガラケーが主流だった時代)、「どこのケータイ持ってるの?」という問いに対して、「ドコモ」とか「au」とかって答えてたけど、スマホが主流になった今、「iPhone」とか「Xperia」のように、端末名で答えるようになっている。ぼくが思うに、初期iPhone欲しさにキャリアをSoftBankに切り替えた人が続出した頃がその始まりだ。


スマホがユーザーに行き渡り、端末性能が高レベルでほぼ均一化された今、多くのユーザーは1円でも維持費を安くしたいと思っている。もちろん僕もそうだ。


こういった流れの中で、格安SIMは高い高い維持費を下げるのに願ったり叶ったりのサービスといえる。


では、今回は「格安SIM」と「料金プラン」を的確に選ぶ方法を書いてみたい。


スポンサーリンク



格安SIMと料金プランを、時間をかけずに正確に選ぶ方法

f:id:office-ebisu:20170715090838j:plain

スマホ一台持ったら、端末代を含め月5,000円以上かかっていたのは過去の話。今では、一ヶ月1,000円以下でスマホを使い倒せる。自由化のお陰で、格安SIM市場に新規参入する企業が増え、熾烈(しれつ)な値引き合戦が続いているのだ。


どこの会社の格安SIMが一番安いのかは、ユーザー自身の使い方によるところが大きい。ほとんど通話しない人、LINEばっかりしてる人、不特定多数に電話をかけまくる人、ほんと人それぞれ。


格安SIM関連の記事を読み倒した僕が、おすすめする格安SIMの決め方は、「価格.com」が用意しているサイトでシミュレーションすることだ。


f:id:office-ebisu:20170715085203j:plain
格安SIMカード比較(世間にはさまざまな格安SIM比較サイトがあるが、このサイトが一番分かりやすい)

スマホは中古で十分!

f:id:office-ebisu:20170715235621j:plain

ちなみに、格安SIMを手にする際、新品ではなく、中古端末を事前に用意しておくといい。携帯電話のフリーマーケットで探せば、iPhone5sなら、15,000円~20,000円で購入できる。

おわりに

一度決めたからといって、それを一生使わなきゃいけないわけではない。今よりもっと安い格安SIMの会社が出てくれば乗り換えればいいだけ。


友人や同僚が格安SIMを使っているなら、使用状況を教えてもらうのもいいだろう。ちなみに、僕の周りには格安SIMを使ってる人はほとんどいない。頭の固いおっさんばっかりだからね(笑)



トップページへ

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。