LIFEWORK LOG

Summary of thinking and knowledge.

カメラアプリ『Colorful(カラフル)』で、写真をアート風に加工した結果

公園へ行く途中、地面の物体に食いついてしまったやんちゃな息子。なかなか歩こうとしないので、暇つぶしにiPhoneで息子を撮影。自宅に戻って写真を見てみると、まったくやんちゃな感じがしないので、無料の写真加工アプリ「Colorful」でちょっと写真をいじくってみた。

元の写真

f:id:office-ebisu:20150318002451j:plain
この写真は一昔前のiPhone4s(800万画素)を使って撮影したものです。

『Colorful(カラフル)』で加工した写真

f:id:office-ebisu:20150318002525j:plain
画像サイズを変更して、指で写真をギザギザに滑らせただけで、やんちゃな感じが出ました。


スポンサーリンク



ワンランク上のお洒落な写真に!

写真加工アプリ「Colorful」は、モノクロ画の中の一部分を鮮やかな色で飾れるアプリ。目立たせたい部分だけカラーにでき、とても印象的な写真に仕上げることができます。また、モノクロ・セピア・ペン画調・モザイクなどのフィルターエフェクトを使えば、ワンランク上のお洒落な写真にデコレーションできます。

「Colorful」の使い方

f:id:office-ebisu:20150318002359p:plain


まず、アルバムから写真を選んで、画面左下の「▲」をタップして6種の中からエフェクとを選びます。その後、指を使って浮きだたせたい(カラーにしたい)部分に指を滑らせ元の色を呼び起こします。操作はこれだけです。私のようなおっさんでも3秒でできます。


ポイントカラーを付ける際、細かい作業もできるように「画面ズーム」や「ペンの太さ」を調節することができます。操作はすべて直観的で、写真サイズは長方形と正方形のどちらか好きな方を選択できます。

おわりに

Colorful」は、元の写真がカラフルであればあるほど魅力的な写真に仕上げることができます。写真を加工するのが楽しくなります。



BACK TO TOP

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.