LIFEWORK LOG

Summary of thinking and knowledge.

死ぬまでに一度は行ってみたい海外の美しすぎる湖:バイカル湖・スペリオル湖・ローモンド湖

f:id:office-ebisu:20170712180851j:plain

今回はクオリティの高い動画が集まっている『Vimeo』動画から、死ぬまでに一度は行ってみたい海外の美しすぎる湖に解説を添えて紹介してみたい。


どの映像も魅惑的で、多くの人がその美しさに魅了されてしまうだろう。


スポンサーリンク




LAKE BAIKAL(バイカル湖:ロシア)

BAIKAL LAKE from ADVENTURETIME.PRO on Vimeo.

MAP


【バイカル湖】

南北680km×東西幅約40-50km(最大幅80km)に及ぶ湖水面の面積は31,494 km²(琵琶湖のおよそ46倍)。カスピ海(塩湖)や20世紀後半から急速に面積を縮小しているアラル海を除くとアジア最大である。淡水湖で比較した場合、面積は世界最大のスペリオル湖には及ばないものの、最大水深が1,634 - 1,741mと世界で最も深い。湖面は標高456mにある。なお、1956年初頭にアンガラ川に建設されたイルクーツク・ダム(英語版)の影響で水位は1.4m上昇した。


貯水量 23 × 104 km³も世界最大であり、世界中の淡水の17-20%がここにあるとされる。水質も日本の摩周湖に代わり世界最高の透明度を誇る湖であり、1996年に世界遺産に登録された。


バイカル湖の水はエニセイ川の支流であるアンガラ川へ流れ出て北極海に達する。


セレンガ川、バルグジン川、上アンガラ川など336本の河川が流入するが、流出する河川は南西端に近いアンガラ川のみである。そのため、水量が常に豊富である。湖には最大のオリホン島(面積730km²、奄美大島に匹敵を初め22の島々がある。


湖内部にはアカデミシャンリッジ(湖嶺)があり、これとセレンガデルタによって大きく3つの地質構造に区分される。それぞれ「北湖盆」「中央湖」「南湖盆」であり、このうち中央湖が最も深いが、北・南湖盆も1km前後の水深を持つ。


Lake Superior(スペリオル湖:アメリカ)

North Country Dreamland from Lake Superior Photo on Vimeo.

MAP


【スペリオル湖】

スペリオル湖(スペリオルこ、英語: Lake Superior)は、北アメリカにある五大湖のうち、最大の面積を持つ湖。また、淡水湖としては世界最大の面積を持つ湖である。しかし、貯水量では淡水湖としてはバイカル湖 (23,000 km3)、タンガニーカ湖 (17,800 km3)に次いで世界3位となる。


特に、世界一のバイカル湖にははるかに及ばず、五大湖全ての貯水量を合計 (22,464 km3)してもなお足りない。これは、上位2つの湖が構造湖であり、非常に深い水深を持っていることに理由がある。


スペリオル湖の名前は、五大湖のうち最も標高の高い位置にあることに由来して、フランス人の探検家達によって名付けられた (Lac Supérieur)。英名のSuperiorには「高次の」という意味がある。


スペリオル湖の面積は約82,200km2あり、チェコ共和国の国土よりも大きく、北海道の面積より大きい。東西の長さは563kmで、南北の長さは257km。平均水深は149mで、最も深い場所の水深は406mである。水量は12,232km3。島嶼を含めた湖岸線の長さは4,393kmにのぼる。


スペリオル湖の北はカナダのオンタリオ州に接し、残りの部分はアメリカ合衆国のミネソタ州、ウィスコンシン州、ミシガン州に接している。湖全体のうち、3分の2がアメリカ合衆国の領地である。


スペリオル湖の周辺、特にミネソタ州北東部のアイアン・レンジと呼ばれる地域では、先カンブリア時代に水酸化鉄や炭酸鉄などの鉄化合物を豊富に含む地層が形成された。この地域では鉄の鉱脈が地表に現れていることも珍しくなく、メサビ鉄山などこの地域の4つの鉄山帯では、坑道掘りのほか露天掘りも行なわれている。


湖はこれらの鉄山帯から産出された鉄鉱石を運ぶのための重要な水上交通路である。そのため、湖岸にはアイアン・レンジ地域の中心都市で、五大湖・セントローレンス海路で最大規模の港湾を抱えるダルースをはじめ、いくつかの港湾都市や鉱業都市が点在している。


それらの鉱業都市の多くは1970年代に鉄鉱石の産出量の減少によって寂れてしまったが、近年では中華人民共和国での鉄鋼需要の増加により、息を吹き返している都市もある。またミシガン州マーケットなどのように、1年を通して冷涼な気候を活かし、夏の避暑地として再び賑わいを取り戻した都市もある。


LAKE LOMOND(ローモンド湖:スコットランド)

Loch Lomond from John Loydall on Vimeo.

MAP


【ローモンド湖】

かつてのスターリングシャーとダンバートンシャーの境界線であり、現在の行政区画スターリング、アーガイル・ビュート、ウェスト・ダンバートンシャーが湖に接し、南岸はグラスゴーから23キロ北に位置する。


この淡水湖は長さ39キロ、幅が8キロである。表面積は全てのスコットランドの湖沼のうち最大で、貯水量はグレートブリテン島でネス湖に次いで2位である(イギリス最大の湖は北アイルランドのネイ湖)。湖は国定公園の一部となっている。


標高974メートルの山ベン・ローモンドが東岸にそびえる。湖上には小島が浮かぶ。最大の島はインチマーリン(イギリスの湖中島で最大)。テイ湖のように、先史時代に作られた人工島がいくつかある。


現在、湖は南西岸にあるロッホ・ローモンド・ゴルフ・クラブで有名である。スコティッシュ・オープンなどの国際大会の会場となっている。湖岸の町バロッホからクルーズを楽しむこともできる。1976年1月、ローモンド湖はラムサール条約登録地となった。


おわりに

今回ピップアップした湖の中で、今すぐにでも行きたい湖はバイカル湖。できることなら今年の冬にでも行きたいよ。4、5日滞在して料金は大人一人20万円ほど。行きたいわ~



BACK TO TOP

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.