LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

子供に本を読む習慣を身に付けさせる一番かんたんな方法

f:id:office-ebisu:20170627224339j:plain

子供に本を読む習慣をつける一番かんたんな方法は自宅からテレビを無くしてしまうこと。


実は私の家にはテレビがない。数年前にチビが叩き壊してしまったのだ。不思議なもので、テレビのない生活も数年続けば、それが当たり前になってくる。


今の世の中、家にテレビがないなんて本当に珍しいと思うが、うちの場合は、それが功を奏して、読書好きのチビに育ったのだ。


スポンサーリンク



テレビのない生活

f:id:office-ebisu:20160806130215j:plain

テレビがないから本に夢中になった

では、うちの5歳の息子と2歳の娘はどうかといえば、家にいる間、ずっと本を片手にしている。


最近、上の子は、本を一人静かに読んでいる時間が長くなってきた。また、下の子は兄ちゃんの真似をして、何やらブツブツ日本語ならぬ日本語を発しなが、ニコニコと楽しんでいる。本当に本が好きな子供達に育っているのだ。

気になる記事

先日、興味深い記事を見つけたのでシェアしておきたい。

【子供がグングン伸びる育児法】


ずばりテレビは見せたほうが良いかどうか聞かれたら、
見せないに越したことはないとお答えしています。


テレビは子供に一方的に情報を与え続けます。そこには話し手と受け手とのコミュニケーションがなく、自ら何かをすることがないため、受動的な子供になってしまいます。
特に0,1、2歳児のころにはテレビを見せ続けることはやめましょう。


「テレビを見せ続ける弊害」
子育て中のお母さんにおって、テレビは集中してみてくれて静かにしてくれるのでとても役に立つものです。だからといってテレビばかり見せ続けると様々な弊害が起きてきます。


①健康的被害
以前の人気テレビアニメ番組で視聴していた一部の子供たちに体調異常を引き起こすという騒動がありました。これは閃光や光の点滅で発作が起こる「光感受性発作」です。ただ、現在は乳幼児用番組で光の刺激の強い番組は製作されていないので心配は少ないと思います。


②言語の遅れや、目が合わないなどの情緒面での問題
もっと深刻な問題は、言語の遅れです。テレビは一方的に大量の情報を受動的に受け取り、そこに相互コミュニケーションがありません。テレビを見続けた子供は自分から話すという行為に遅れが見受けられることが多いです。3歳になる子で言葉の発達が少し遅い子に、2,3か月テレビを見せなかったところ言葉が一気に出てきたなどたくさんの症例があるようです。ただ言葉が出てきても、問題の根はもっと深いようなのです。言葉出てきたら、どうしても自分のことを他人事のように話す傾向がみられるとのこと。
何時間もテレビをみつづけて育った子は、まるで評論家のような第3者的な言い方で自分のことを話すことがあるそうです。


したがって、3歳になるまでの乳幼児にはテレビを見せ続けるのは百害あって一利なしといえると思います。


テレビがないと早寝になる

そしてもう一つ、子供達が早く寝るようになった。テレビがあった頃は、夜の10時、11時まで寝ないことが多かったが、テレビがなくなって本を読むようになってから、夜の8時半には決まって眠るようになったのだ。おかげで妻は子供たちと早く眠ることができ、私は静かにお酒を楽しめる(笑)

今日の気づき

週に一度、子供達は妻の実家へ遊びに行くのだが、その間(うちの家にテレビがないせいか)ずっと何も言わずテレビを見ている。ほんと何も言わずじっとテレビを見つめているのだ。爺ちゃん婆ちゃんにとっては、おとなしくしているので楽かもしれない。しかし、はたから見ていて子供達の教育にはどうかなとつくづく思う。



トップに戻る

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。