LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge


スポンサーリンク

携帯各社のMNP合戦を横目でチラ見!収益を積み上げるアップル社

f:id:office-ebisu:20170528225337j:plain

iPhoneは日本でも携帯キャリアを問わず人気商品。新型が出るたびに多くのユーザーが店頭に群がる。


iPhone iOSとAndroidのシェアは世界的にはAndroidの方が上回っているようだが日本ではほぼ互角。しかしよく考えてみると、Android端末はいろんなメーカーから発売されているが、iOS端末はアップル社オンリー。一社で互角だから本当に凄い。


昔、日本でソフトバンクが純増数で一人勝ちしてた頃は、iPhoneを扱っているキャリアはソフトバンクだけだったし、ドコモが一人負けしてた頃は、ドコモだけiPhoneを扱っていなかった。多くのユーザーは携帯各社のサービスではなく、iPhoneという端末に目を向けていたんだ。


こういった現象は携帯各社にとって過去に経験したことのない出来事だったに違いない。ぶっちゃけた話、iPhoneが登場したことで、日本の、いや世界の携帯業界はゴロッと変わったと言っても過言ではない。


スポンサーリンク



iPhoneの価格を下げて純増を狙う携帯各社

f:id:office-ebisu:20170528231029j:plain

今現在、携帯各社は「iPhoneがMNPなら実質無料!」などと宣伝。キャンペーンを大々的に打っている。必死になって競合他社から顧客の奪い合いをしているのだ。


こういった値下げキャンペーンはユーザーにとって悪い話ではない。


iPhoneが実質無料になるのなら、携帯キャリアを変えてでもiPhoneを手にしたいと思うユーザーは少なくない。今の日本、ブランド力を兼ね備えたiPhoneの価格が下がれば、みんな飛びつくのだ。


メールアドレスに携帯キャリアのメールアドレスではなく、GメールやYahooメールアドレスを使うようにすれば、携帯キャリアのメールアドレスなんてどうでもいい。また、電話番号を使うLINEでも同じことが言える。


iPhoneを一番安く買う方法はMNP

f:id:office-ebisu:20170528232207j:plain

今の日本、新品のiPhoneを最も安く購入する方法は、携帯キャリアが他のキャリアから顧客を奪う手として使っているMNPなのだ。


次の記事を見てほしい。

【終わらないユーザー引き抜き合戦】


MNP利用者の大部分は、キャリアーを変える必要はないが、MNPで機種変更をした方が端末を安く買えることを知っているユーザーと、端末買い回りユーザーや端末ブローカーだ。


本来MNPは、キャリアーを変えたいが、携帯電話番号が変わることが障壁となっているユーザーを救済するための仕組みである。他社の方がエリアが広い、サービスが良い、いい端末がある、料金が安いといった、キャリアーを変える理由がはっきりしているユーザーだ。しかし、今やその本来の目的からかけ離れた目的でMNPが活用されている。


また、このMNP利用者に対する販売奨励金は、MNP非利用者である、同じキャリアーを使い続けるユーザーの通信料金からも捻出されているため、不公平だという声が多い。


どの業界でも、ユーザー間の不公平性は存在する。新規顧客開拓のためのコストは、既存ユーザーからの収益を原資とするのは当たり前であり、これを否定したらビジネスは成立しない。とはいえ、そこには一定の常識的なレベルというものがあり、携帯電話業界がそれを逸脱していることは明らかだ。


キャリアーが、他キャリアーのユーザーをカネで引き抜けば、そのユーザーはまた2年後に他社に引き抜かれる。「やられたらやり返す」。このMNP競争から、キャリアーが自助努力で抜け出すことは難しい。



携帯各社のMNP合戦によって、iPhoneは爆発的に売れていく。ということで、一番美味しい目をしているのはiPhoneをこの世に送り出したアップル社。携帯各社はそのお手伝いをしているようなものだ。


おわりに

結局のところ、ものやサービスを作り上げ、市場にいち早く送り出した会社が大きな利益を得る。携帯各社はiPhoneに頼るのではなく、他者を圧倒する料金プランやコンテンツを市場に送り出してほしい。切に願う。



トップページへ

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。