読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

破損したiPadをアップルの保証で交換修理【経緯と結果】

iPhone

f:id:office-ebisu:20160925214728j:plain

破損して初めてわかる保証のありがたさ。そりゃ一度も破損しなければ月々の保証料(数百円)は捨て銭になるが、保証というものはそんなもの。安心料みたいなものだ。


交換時に4,400円必要だが、私は「アップルケアプラス(AppleCare+)」に契約していて本当に良かったと思っている。Appleサポートの電話応対から始まり交換修理品の発送まで、すべてのタイミングで満足のいくサービスを受けたからだ。


今回はiPadが破損した経緯と、破損してから傷ひとつない交換品が送られてくるまでの一連の流れを書いてみる。


スポンサーリンク



iPadが破損(電源ボタンが陥没)した経緯と交換品が届くまで

f:id:office-ebisu:20160926221458j:plain

仕事帰りにコンビニ寄って、いつものように缶ビールを飲みながら歩いていた。その日は仕事で結構疲れていたのと、睡眠不足の影響があってか少し足元がふらついていた。


ビールを飲み干して脇に挟んでいたiPadを取ろうとした瞬間、iPadが脇からスルリと落ちたのだ。これまでいろんなところで落としてきたのだが、今回は不幸にもギザギザのアスファルト上に、ものの見事に角から落ちて、そんでもって一回跳ねて液晶の面がアスファルトに接した状態で止まったのだ。


あわてて拾ったのだが、不幸にも、


電源ボタンが中にめり込んだまま出てこない状態。


電源ボタン陥没ですわ(大泣)


立ち止まって爪で一生懸命引っ張り出そうとしたが、みじんも動かない。その間、iPadは電源が入ったり消えたりを繰り返していた。


最悪!!!
まだ買って半年。
修理代なんぼいるんやろう?

アップルケアプラス(AppleCare+)という保証

翌日アップル電話サポートに連絡。iPadが壊れた経緯を説明したあとで契約内容を確認してもらった。嬉しいことにアップルの保証サービス「アップルケアプラス(AppleCare+)」に申し込んでいたのだ。


わずか4,400円で修理できることが分かった。実際には修理というより、傷ひとつない交換品(見た目まっさら)が送られてくる。


ちなみに、破損したiPadはクロネコヤマトが自宅まで取りに来てくれた。翌日アップルから破損したiPadの受領のメールが届き、そして、なんとその3時間29分後に交換品を発送したことを告げるメールが来たのだ。


わずか、3時間29分!!


翌日、クロネコヤマトに電話し配達日時を指定。自宅まで来てくれた配達員に4,400円払って、晴れてきちんと使えるiPadが手元に!!


ここで、アップルから届いたメールを順序立てて3つポストしておく。

1.Apple電話サポート(2016年8月29日 10:03)

f:id:office-ebisu:20160925230630j:plain

2.破損したiPadの到着メール(2016年8月31日 13:04)

f:id:office-ebisu:20160925230712j:plain

3.交換品の発送メール(2016年8月31日 16:33)

f:id:office-ebisu:20160925220728j:plain


アップルケアプラス(AppleCare+)」の保証期間は2年だけ。費用は一回につき4,400円。2年間に2回まで使える。もしアップルケアプラスに契約してなかったら、今回の破損だったら一度に数万円支払わなければいけない。


ということで、Apple電話サポートに電話してから交換品が送られてくるまでに要した日数は、たった4日間だった。


顧客の問題を一気に解決してくれるアップル。ほんと素敵な会社だよ。


今日の気づき

アップルケアプラス(AppleCare+)」に入っていれば、もはや破損なんて心配する必要はない。iPadを守るためのカバーや保護フィルムなんて不要だ。


ちなみには私は今現在、カバーも保護フィルムも貼らずに使っている。生前のスティーブ・ジョブズが言ってたとおり、iPadはノーマルが一番かっこいい。


最後に保証状況とサービス期間を確認できるApple公式サイトを紹介しておきたい。iPadのシリアルナンバーを入力するだけで、いとも簡単に確認できる。
保証状況とサービス期間を確認する - Apple サポート


BACK TO TOP

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.