読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

デイサービスと携帯ショップの多角経営なんてナンセンス??

雑記

f:id:office-ebisu:20160919215144j:plain

私は今現在、デイサービスと携帯ショップの多角経営を進めている。今回はこの2つのビジネスにおける相違点と共通点についてザックリ書いてみたい。


その前に少しだけ友人の話をさせてほしい。なぜなら彼との出会いがなければ、携帯ショップを展開することもなかったからだ。


彼は私にとってかけがえのない友人。といっても社会人になってからの友人なのだが、彼とは妙に気が合う。確か私の6つ下の妹と同い年だったと思う。


彼は数年前、私の事務所に来る時は決まって堂島ロールをお土産に持ってきてくれた。東京出張帰りは東京バナナだった。いつも私を気に掛けてくれていた。


当時私は妻と一緒に会社を切り盛りしていたので、彼は妻とも仲良く話してくれた。彼が来ると仕事のことはそっちのけでくだらない世間話ばかりしていたものだ。


スポンサーリンク



彼は大手通信キャリアに勤務していてる。「しんどいですわ」と言いながら一つ一つ丁寧に仕事をこなしている姿が本当に気持ち良かった。業界の情報収集や通信機器の手配など、本当にお世話になった。私が今も通信業界で生きていけるのは、ある意味彼のお陰といっていい。


その後いろんないきさつがあって、通信の仕事と介護の仕事(デイサービス経営)を同時進行するようになった。まったく違う業界。通信はガンガン稼ぐ業界。一方、介護は半分がボランティアって感じだ。


デイサービスを開業した初めの半年間は、通信で儲けたキャッシュを惜しげもなく突っ込んだ。デイサービスなんて開業しなければゆっくりできたのにと今更ながら思う。


ほんと、デイサービスの経営でいろいろ勉強させてもらった。その経験が通信の仕事にも大きく生かされている。


「意味のない努力なんてない。その努力は将来必ず報われる。」的なことわざがあったような気がするが、まさしくその通りだと思う。


デイサービスと携帯ショップにおける経営の相違点と共通点

f:id:office-ebisu:20160920215627j:plain

今現在、私は介護ビジネスに夢中になって取り組んでいるが、通信の仕事を捨てたわけじゃない。月末に数字に追われる仕事も楽しいものだ。目標の数字をたたいた時の達成感と打ち上げの生中の刺激は言葉にできないほどだ。


で、


ここで友人との会話の一部を紹介したい。


友人:通信と介護みたいな畑違いの仕事、ようやってますね。


私:いやいや、同じですわ。


介護業界と通信業界。外から見るとまったく違う業界のように見えるが、経営という意味ではそんなに違いはないのだ。


まあ、違うといえば介護業界は売り上げに対する人件費の割合が非常に高いことと、高給取りの看護師がいることくらい。


で、共通点は双方とも、


きちんと経営すればお金が残る!


ということだ。


今日の気づき

経営リスク回避のための多角経営だったが、デイサービスに関しては黒字の状態でジョイントベンチャーを穏やかに進め、最終的には事業譲渡したいと考えている。


経営者になって25年。もしあのままサラリーマンを続けていたら、なんてくだらないことを考えたりする時がある。年を取ったせいかな。


BACK TO TOP

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.