読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

看護師が夜勤のない一般企業や大学に転職する方法

Tips

f:id:office-ebisu:20160824231914j:plain

今後ますます高齢化が進む日本において、看護師不足は深刻な社会問題となっている。これは今突然始まったわけではなく、随分前から起こっていること。日本は慢性的な看護師不足から脱却できていない。


ぶっちゃけた話、看護師不足と言っても、実際には看護師の数は年々増え続けている。しかしその一方で、高齢者の増加に伴い、求められている看護師も急増しているのだ。なのでいつまでたっても看護師不足の問題が解消されない。


特に病院は深刻。結婚や子育てなどで一旦退職した看護師が、病院ではなく一般企業や大学など夜勤のない職場に転職してしまうからだ。


病院へ転職したくないと考える理由を一つ紹介する。

病院へ転職したくない理由

病院勤務はきつい。きつすぎる!
私の経営する介護施設に転職してきた看護師の話では、「病院には毎日、目まぐるしく患者さんの出入りがあり、息つく暇なく毎日が過ぎ去っていく。志高く飛び込んだ臨床の現場だが、気持ちとは裏腹に、夜勤が続いてしだいに体力を失い、目標を失い、もらう給与に不満が募り、退職の文字が頭をよぎるように・・・」なったというのだ。


こういった理由で退職した看護師が、再び病院勤めを再開することは考えにくい。いくら高収入(ちなみに、大阪ならアルバイトで時給1500円以上稼げる。正職員になら年間400~500万円は稼げる)であっても、なかなか病院勤めを再開する気になれないのは、ごくごく自然なことなのかもしれない。


スポンサーリンク



看護師が一般企業や大学に転職する方法

f:id:office-ebisu:20160824222018j:plain

  1. 一般企業(製薬会社・保険会社)
  2. 大学の医務室や健康管理室


この2つは夜勤もないので体も「楽」。また給与を含む待遇面においても申し分ない。


では、夜勤のない「一般企業」や「大学の医務室や健康管理室」などの仕事を、最短で探す方法を紹介する。


その前に言っておくが、実は、製薬会社・保険会社などの「一般企業」や、「大学の医務室や健康管理室」の仕事は、無料の求人誌にはまず掲載されていない。


企業や大学はイメージを考慮するため、一般の目に振れやすい媒体は避ける。非公開の場合がほとんどなのだ。


ぶっちゃけた話、すべての媒体でオープンにしたら応募が殺到するに決まっている。企業や大学は理想とする人材を確実に手に入れたいので、転職サイトのアドバイザーに間に入ってもらって、経験やヤル気を事前に知った上で面接を行っているのだ。


こういった「企業」や「大学」に太いパイプを持つ日本最大級の転職サイトは、日本最大級!看護師の転職サイト≪マイナビ看護師≫だ。


他の大手転職サイトが悪いとは言わないが、「転職したい人、みんな集まれ〜」的な、すべての業種をラインナップした転職サイトは専門性に乏しく満足のいくサポートを受けられない。

転職サイト「マイナビ看護師」について

f:id:office-ebisu:20160824221048j:plain


「マイナビ看護師」の特徴について書いておく。

  • マイナビグループは一般職や大学生向けの転職・就職支援も行なっているので、企業や大学など医療機関以外との繋がりが深い。
  • 企業看護師や大学保健室勤務をはじめとする病院以外の人気求人を豊富に抱えている


日本最大級!看護師の転職サイト≪マイナビ看護師≫


今日の気づき

これからの10年、20年、看護師の資格は仕事を探すうえで強力な武器になることは間違いない。決して自分を安売りするのではなく、少しでも良い環境下で社会貢献を進めてもらいたい。


BACK TO TOP

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.