読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

Googleは検索事業が経営の柱。それ以外は全部オマケだな。

雑記

f:id:office-ebisu:20160819162817j:plain

知らず知らずのうちに私たちはGoogleのサービスを使っている。例えば、Web検索、メール、写真管理など書き出せばきりがない。ここ最近では、テレビ電話のサービスを提供し始めている。それらはすべて無料なのだ。無料と言っても他会社が有料で提供しているサービスに決して劣ることはない。


またGoogleは最高レベルの人材を抱えているにもかかわらず、(世界で戦うにはスピードが重要であるがゆえ、)内部でサービスを開発せず、他社の提供サービスや技術を丸ごとガバッと買収することもある。ちなみに、あのYouTubeもその一つ。当時、超人気の動画サイトYouTubeに広告をのせたら新たな収入源になると踏んだに違いない。


私たちの生活を快適にしてくれるサービスを次から次へと無料で提供してくれるGoogle、ユーザーの私たちにとってGoogleはもはやネット界の神様と呼んで相応しいかもしれない。


スポンサーリンク



Googleは検索事業が経営の柱。それ以外は全部オマケだな。

今回はGoogleの収益と戦略について少し考察してみたい。まずはじめに、Googleの収益構造を見てみたい。見れば一目瞭然、およそ9割が広告収入なのだ。なので私たちはGoogleを広告事業者と位置づけていい。

f:id:office-ebisu:20160823041646j:plain


Google Sites:Google.comを始めとする自サイトからの直接の広告収入
Network:Adwordsなど自サイト以外に掲載する広告からの収入
Other:Youtube事業、Android事業などから得られる収入




9割が広告収入!


みなさんも検索結果のページ上部や右側に広告を目にしたことがあるだろう。そしてもう一つ、Googleが買収したYouTubeで、動画が流れる前や途中の十数秒間のCM。あれだ。


快適なネットの世界が広告収入へつながる

「快適なネットの世界→人が集まる→広告での収入」、この構図を追求してきたからこそ現在のGoogleがネット界で不動の地位を確立していると言って過言ではない。


知らないことを調べるのは人間の欲求、あるいは本能と言ってもいい。Googleは検索というプラットフォームに人を集めることで収益を上げているのだ。

検索事業以外はオマケ

収益構造を見れば、Googleの検索事業以外は、ある意味、全部おまけ。個人の情報(年齢、性別、住む地域、趣味・趣向などの情報)を収集する手段なんだと推測できる。


個人の情報を得ることで、たとえば同じページでありながらユーザー一人一人に異なる(ユーザーの属性を反映した)広告を表示させることができるのだ。


ここでGoogleが無料提供しているサービス一覧を紹介しておく。まだ使ったことのないサービスがきっとあるはずだ。

Google のサービス | Google


おわりに

ちなみに、みなさんご存知のYahoo!。今後どうなるかは分からないが、現在Yahoo!はGoogleの検索技術に独自のフィルターをかけてサービスを提供している。検索結果が似かよっているのはそのせいだ。


BACK TO TOP

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.