LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

起業家の私が愛してやまないモハメド・アリの名言7選

f:id:office-ebisu:20160821002145j:plain

モハメド・アリといえばボクシングの元世界ヘビー級チャンピオンだ。彼がリング内外で発した多くの言葉は、今では名言となり多くの人の心に刻み込まれている。


ボクシングというスポーツはチームプレーではなく、一対一の命をかけた殴り合い。一旦リングに上がれば、勝敗が決するまでリングを降りることはできない。最も過酷なスポーツの一つなのだ。


今回は起業家の私が事あるごとに読み返すモハメド・アリの名言を英語原文に日本語訳をつけて紹介したい。その前に少しだけモハメド・アリについて紹介しておく。読めば彼がただ単に強いだけのボクサーでなかったことが分かるはずだ。


【モハメド・アリ】


モハメド・アリ(Muhammad Ali [muˈhɑməd ɑːˈliː]、1942年1月17日 - 2016年6月3日)は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。ケンタッキー州ルイビル出身。アフリカ系アメリカ人だが、イングランドとアイルランドの血も引く。元WBA・WBC統一世界ヘビー級チャンピオン。


イスラム教改宗前の本名はカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア(Cassius Marcellus Clay, Jr. [ˈkæsɪəs mɑrˈsɛləs kleɪ])。1964年にネーション・オブ・イスラムへの加入を機に、リングネームをカシアス・クレイからモハメド・アリに改めた。(ムハマド・アリという日本語表記もあり)


1960年ローマオリンピックボクシングライトヘビー級で金メダルを獲得。その後プロに転向し、1964年にはソニー・リストンを倒して世界ヘビー級王座を獲得した。ジョージ・フォアマンとザイールで対戦し、8Rでの一発大逆転を演じたタイトルマッチや、ジョー・フレージャーとの死闘など、ボクシング史上に残る数々な名勝負を行っている。最終的には、通算3度のチャンピオン奪取成功と19度の防衛に輝いた。


マルコム・Xと出会いその思想に共鳴。イスラム教にも改宗。ベトナム戦争徴兵も拒否により米国政府と長期にわたって争ったが、最終的には無罪を勝ち取った(#リング外での闘い)ことでも知られる。その発言と行動は当時の米国政府や保守派との深刻な対立をもたらし、世界タイトル剥奪や試合禁止等様々な圧力が加えられた。


引退から3年が経った42歳のとき、現役時代に受けた頭部へのダメージが原因とされるパーキンソン病と診断され闘病生活を送っていたが、2016年6月3日に74歳で死去した。死因は敗血症ショック。



スポンサーリンク



モハメド・アリの名言7選

f:id:office-ebisu:20160821010136j:plain

1.

He who is no courageous enough to take risks will accomplish nothing in life.

リスクを取る勇気がなければ、何も達成することがない人生になる。


2.

It’s lack of faith that makes people afraid of meeting challenges, and I believe in myself.

人間が困難に立ち向かう時、恐怖を抱くのは信頼が欠如しているからだ。私は私を信じる。


3.

Impossible is just a big word thrown around by small men who find it easier to live in the world they’ve been given than to explore the power they have to change it. Impossible is not a fact. It’s an opinion. Impossible is not a declaration. It’s a dare. Impossible is potential. Impossible is temporary. Impossible is nothing.

不可能とは、自らの力で世界を切り開くことを放棄した、臆病者の言葉だ。不可能とは、現状に甘んじるための言い訳にすぎない。不可能とは、事実ですらなく、単なる先入観だ。不可能とは、誰かに決めつけられることではない。不可能とは、可能性だ。不可能とは、通過点だ。不可能なんて、ありえない。


4.

The man who views the world at 50 the same as he did at 20 has wasted 30 years of his life.

50歳になった時、20歳の時と同じように世界を見ている人間は、人生の30年を無駄にしたということだ。


5.

I hated every minute of training, but I said, “Don’t quit. Suffer now and live the rest of your life as a champion.”

俺はトレーニングが大嫌いだった。でも、自分にこう言い聞かせたんだ。「絶対にあきらめるな。今は耐えろ。そして残りの人生をチャンピオンとして生きろ」


6.

Silence is golden when you can’t think of a good answer.

良い返答を思いつかないとき、沈黙は金だ。


7.

It’s the repetition of affirmations that leads to belief. And once that belief becomes a deep conviction, things begin to happen.

肯定の繰り返しが信念につながる。その信念が深い確信になると、物事が実現し始める。

adidasのCMで使われたモハメド・アリの名言「Impossible is nothing.」


アリの後ろをベッカムやらジダンが走っている。すごい合成映像だ!!

今日の気づき

当時のボクサーの多くは、アリのようなチャンピオンになりたかったらしい。男が男に惚れる。アリはそんな男だ。



トップに戻る

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。