読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

逆光で撮影された写真を見栄えよく修正する方法

iPhone

f:id:office-ebisu:20160722223952j:plain

「Snapseed(iPhoneとAndroid両方に対応)」は逆光により暗くなった写真を明るくしたいなどのちょっとした画像の編集をしたい方、そしてパソコンでするのは面倒だけど一般的な写真加工アプリでは物足りない方向けのアプリです。


この写真加工アプリは、スタンプやフレームなどで装飾するのが好きな方には向いていません。一枚の写真を極めて高品質なものに生成したい方向けのアプリです。


今回は「Snapseed」で逆光の写真を見栄えの良い一枚に加工する方法をご紹介したい。


Snapseed」は、これまでパソコンでしか使えなかったプロレベルの写真編集ソフトの機能を携帯端末で利用できるようにしたもの。レタッチや遠近法の調整、再編集などの操作もタップするだけで行える優れものだ。


この「Snapseed」、2015年に大幅なアップデートが行われ、UIがマテリアルデザインに変更されたが、写真の上下スワイプで加工内容を選択したり、左右スワイプで強弱調整する直感的な操作方法は変わっていない。


また、新フィルターもいくつか追加されている。私が頻繁に使うツールは「周辺減光」。このツールは逆光で被写体が暗くなってしまったとき、部分的に明るくすることができる。このツールの良さをを知れば、あえて逆光で撮影するユーザーも多くなるかもしれない。


スポンサーリンク



逆光で撮影された写真を見栄えよく修正する方法

f:id:office-ebisu:20151231163559j:plain
逆光の写真が素敵な写真に変わっています。左が編集前、右が編集後の写真。

Step1

f:id:office-ebisu:20151231165955p:plain
「周辺減光」を選択する。

Step2

f:id:office-ebisu:20151231170110p:plain
スワイプして円の領域を決め、「外側の明るさ」と「内側の明るさ」を調節する。

Step3

f:id:office-ebisu:20151231170202p:plain
逆光で映された写真は「内側の明るさ」を外側よりかなり明るめにするとカッコイイ写真になる。


今日の気づき

今までなら迷わずゴミ箱に行っていた逆光の写真が素敵な写真に代わる。「Snapseed」って、ほんと素敵なアプリです。


BACK TO TOP

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.