読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

英語をマスターするための具体的な勉強法【英会話編】

英語

f:id:office-ebisu:20160311054345j:plain

仕事をしながら「基本的な英語力」を身につけたい。今回は会社で仕事をしながら、限られた時間内で「英会話力」を身につける具体的な方法を書いてみる。もちろん現役の学生にも有効だ。


まず最初に知っていてほしいこと、それは中学生で学んだ基本的な英文さえ覚えてしまえば、あとは単語を入れ替えるだけで良いということだ。


よく、「日本の英語教育では役に立たない。日本の英語教育はおかしい」などと見下す人もいるが、それに惑わされてはダメだ。決してバカにしたものではない。


スポンサーリンク




英会話学校へ通っても話せるようにならない理由

英会話学校へ行って外国人講師と話せば英会話は自然と上達していくと考える人が多いが、実は基本的な英文法を理解し、英単語のボキャブラリーをどんどん増やしていかなければ上達しない。気持ちよく英会話ができないのだ。「英会話学校へ行っても話せるようにならなかった」と愚痴をこぼす人の多くは、単に英単語のボキャブラリー数が少ないから、そして英単語を本気で覚えようとしていなかったからである。

英会話における英単語の重要性

前回の「第1回:英単語&英文法の勉強方法」の記事で、「英単語は丸暗記!」と書いたが、それをもう一度思い出してほしい。


ちょっと極端な話をするが、英会話に関しては、「英文法」以上に「英単語」が重要であることを知ってほしい。


例えば、「I'm hungry.」と言わなくても、お腹を手でさすりながら(主語と動詞をすっとばして)「hungry. hungry・・・」とだけ言えば、相手は「お腹がすいたの?」と聞き返してくれる。会話は成立するのだ。


英単語のボキャブラリーを増やすことで、「話す」に関しては、基本的な英文に覚えた英単語を組み合わせればある程度できる。また、「聞く」に関しても、わからない単語が少ないことで精神的に余裕ができる。実はこの精神的余裕が意外と大きな威力を発揮するのだ。


では今回は「英会話能力を身につける勉強方法」を書いてみたい。もちろん今の時代ならではの効果的な勉強方法だ。


第2回:英会話能力を身につける勉強方法

f:id:office-ebisu:20151103125157j:plain

英会話はまず始めに相手が何を言っているのか理解できるようになっていなければならない。では、英単語や英文を覚えるのと同時にヒアリングの力を身につける効率的な学習方法を書く。耳を鍛えながらそして楽しみながら英単語や英文を覚える方法だ。

洋画や海外ドラマを視聴して勉強する

ヒアリングの力をつける方法は、(私がそうだったのだが、)好きな映画や海外ドラマを見るのが一番良い方法ではないかと思う。わざわざ数万円もする英会話教材を買う必要はない。


お気に入りの映画なら何度見ても嫌気が差さすことはないはずだ。私の場合「The Godfather」が好きで、その映画を繰り返し見ることで自然と英語に慣れていった。


今の時代、自宅でテレビのスイッチを押さなくても、スマートフォンやタブレットでも映画や海外ドラマは視聴できる。スマホに保存して通勤や通学時に視聴することも可能なのだ。


ここで、スマホからでも視聴できる動画配信サービスを一つ紹介しておく。

インターネット動画配信サービスを使って学ぶ

みなさんはインターネット動画配信サービスの「hulu」をご存じだろうか。月933円で洋画や海外ドラマが見放題なのだ。


このサービスは2週間の無料期間が用意されているので、一度思う存分観てみるとよい良い。気に入らなければ無料期間内に解約すればお金は一切かからない。


「hulu」には「10秒巻き戻し」機能がついているので、もう一度繰り返し聞きたい場面があれば、気が済むまで何度でも同じ場面を再生することができる。これは発音を学ぶ上で、ありがたい機能と言える。

Huluなら、映画、国内外のドラマ、アニメが楽しめます。

●huluでの勉強の進め方:3ステップ

  1. 吹き替え版でなく必ず日本語字幕で観る
  2. ストーリーを覚えたら今度は英語字幕で繰り返し観る
  3. 最終的には英語字幕もなしで観る


●セリフを聞き取りノートにとって暗記せよ!

俳優さんのセリフを聞き取り、ノートにとって暗記するようにする。これを繰り返すうちに自然と英単語のボキャブラリーが増えていく。語学というのはこういった単純作業の積み重ねで花開くものだ。

手元において損のない「英会話フレーズ」の教材


実際にネイティブと話す機会を持つ

f:id:office-ebisu:20151103125517j:plain

基本的な英文を頭に叩き込んだら、あとは単語を入れ替えるだけで英会話はある程度できる。では、英会話学校へ行くよりはるかに安い金額でネイティブと直接会話ができるサービスを紹介したい。

オンライン英会話でマンツーマンレッスン

オンライン英会話はインターネットを使って行うサービス。事業者は受講者のために教室を用意する必要がないので安い料金でサービスを提供できる。多くの場合、毎日受講しても3,000円ほどしかかからない。また、24時間サービスを提供している事業者もあるので、家事や仕事で忙しい社会人や、部活やサークルで忙しい学生には本当にありがたいサービスといえる。


オンライン英会話サービスの場合、数回無料体験ができるので、自分にあったサービスを利用すればいいだろう。


私の個人的なおすすめは、さすが大手という安心感と料金が安いこと、そしてシステムがしっかりしているDMM英会話だ。


おわりに

何よりも英単語を覚えることが大切!英会話は中学生で学んだ基本的な英文さえ覚えてしまえば、あとは単語を入れ替えるだけで良いからだ。英単語のボキャブラリー数が多ければ多いほど、英会話において精神的に余裕ができる。


→次回は「第3回:英文読解のちょっと高度な勉強方法」を詳しく書いてみる。



BACK TO TOP

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.