読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

シニアがシニアを支える時代へ!あなたはコミュニティビジネスを知っていますか?

f:id:office-ebisu:20160218121537j:plain

地域社会における支えあい機能が低下すると孤立したシニアが確実に増えていく。介護にまわすお金がない!ない!といって困っているお国にとっては最悪の状況なのだ。


実はこのような状況を打破するために、コミュニティビジネスを進める手がある。地域で高齢者が孤立しないようにするためのビジネスだ。


スポンサーリンク



コミュニティビジネスについて書く前に、日本で地域コミュニティが形成されにくい理由を書いておく。

地域コミュニティが形成されにくい理由

団塊世代の多くはサラリーマン世帯であり、仕事と家庭が分離される状況で長年生活してきており、また急激な都市化の波に乗り核家族世帯や単独世帯が多いのだ。ぶっちゃけた話、地縁・血縁のつながりが希薄化し、特に東京や大阪などの大都市では地域コミュニティが地方と比べて形成されにくい状況になっている現実がある。これはある意味、地域社会の支え合い機能が低下していることを意味している。


シニアがシニアを支える社会へ

f:id:office-ebisu:20160218121106j:plain

高齢化が進む日本社会で、65歳以上のうち8割を超える人が介護保険の介護認定を受けていない元気な高齢者である。今後ますます高齢化がすすむ日本、将来的には多くの外国人労働者を雇用せざるを得ないという声も出ている。そんな中、私のようなシニア予備軍も含め、団塊世代のすでに定年退職されたシニアの方々が、高齢社会を支えつつ自らもちょっとした稼ぎを手にする方法はないのだろうか。


実はその筆頭にコミュニティビジネスというものがある。

コミュニティビジネスの定義

地域(コミュニティ)等におけるニーズや課題に対応するための事業がコミュニティ・ビジネスである。主に地域における人材、ノウハウ、施設、資金等を活用することで、対象となるコミュニティを活性化し、雇用を創出したり人の生き甲斐(居場所)などをつくり出すことが主な目的や役割となる場合が多い。さらに、コミュニティ・ビジネスの活動によって、行政コストが削減されることも期待されている。


コミュニティ・ビジネスは、近年、全国的に広がっており[2]、その経営主体は持分会社、NPO法人、協同組合などさまざまな形態がある。最近のコミュニティビジネスの社会的な機能として、

  1. 行政の民営パートナー・協働パートナーの育成と行政コストの削減
  2. シニア、主婦、学生等による社会起業家の輩出
  3. NPOや市民活動の自立化と継続性
  4. 地域経済活性化、地域の特性を活かしたまちづくり、地域おこし

などが期待されている。


また、コミュニティ・ビジネスは指定管理者制度、構造改革特区、市場化テストといった制度との関係性も深く、新しい公共の担い手として、行政コストの削減とともに地域におけるきめの細かいサービス提供の担い手としての役割も期待されている。


社会的企業(ソーシャルビジネス)、社会的企業家(ソーシャルアントレプレナー)、事業型NPO、非営利株式会社、労働者協同組合(ワーカーズコープ)などとも関係が深い。コミュニティ・ビジネスという場合は一定の地域との結びつきが強い事業、ソーシャル・ビジネスという場合は(環境・教育など)地域を超えた事業、と区別されることもあるが、重なり合う場合も多い。



「生きがい」ではなく「やりがい」のある仕事

コミュニティビジネスは「生きがい」ではなく「やりがい」のある仕事なのだ。
※「生きがい」は自分のため、「やりがい」は人のため。


最後に経済産業省のホームページを紹介しておく。
ご興味のある方は見てほしい。


今日の気づき

今の日本、高齢者施設での虐待・暴言は深刻な社会問題となっている。これは職員不足によるところが大きい。職員が不足していることで、介護の資質を満たしていない者まで雇用せざるを得ない状況が続いているのだ。高齢者施設に入るのではなく、自宅で安心して暮らしていくために、コミュニティビジネスがもっと社会に浸透していけばと願っている。


BACK TO TOP

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.