LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

デイサービスの収益を伸ばす最も現実的かつ効率的な方法

f:id:office-ebisu:20151207211538j:plain

デイサービスを経営して分かったことがある。それは新規利用者獲得ばかりに気を取られてはいけないということだ。目の前の利用者との関係を密にすることの方が、経費をかけず効率的に収益を伸ばすことができる。


スポンサーリンク



最短ルートでデイサービスの収益を伸ばす方法

f:id:office-ebisu:20151202114442j:plain

新規利用者を獲得するにはチラシやパンフレット制作費など様々なコストが必要になってくる。


しかしよく考えてみると・・・


収益を伸ばす方法は、なにも新規利用者を集めるだけではないことに気づく。ではここでその方法についてお話ししたい。この方法は費用対効果がとても高く、かかる費用といえば機会コスト*1くらいだ。


その方法は、利用回数(頻度)を上げることだ。


そんなことは分かってるよ!というデイサービス経営者も多いかもしれないが、ではきちんと計画を立てて徹底的にやっているかというと、そうではない人がほとんどではないだろうか。


まず、徹底的に利用者一人ひとりを理解しているだろうか。一部の職員ではなく利用者と接するすべての職員だ。もちろんその中には送迎のドライバーも含まれている。


たとえば、利用者の趣味であったり、好きな芸能人であったり、好きなテレビ番組であったり、好きな作家であったり・・・、そういった情報を利用者に接するすべての職員が共有しているだろうか。


共有するために私のデイサービスで利用しているのはフェイスブックだ、秘密のグループを作って第三者に見られないようにしておけば、スマートフォン、タブレット、パソコンがあればいつでも自由に閲覧できるし、また利用者に何か変化があれば自由に情報を追加することもできる。もちろんフェイスブックは無料で利用できる。


こういった便利なツールを使って利用者情報を共有していくことで、利用者に対する深い理解を促すことができ、利用者と親密な関係を作り上げることができるのだ。結果として利用者のデイサービス利用の満足度が上がり利用回数も増えていくのである。


ぶっちゃけた話、要支援1や要支援2の利用者は利用回数を増やしても介護報酬が一定なので収益に変化はないが、要介護1~5の利用者の利用回数を増やせば確実に収益を伸ばすことができる。


今まで週一回の利用を週二回にしていただければ、ある意味、新たな新規利用者を獲得したのと同じなのだ。利用者にご満足いただけるサービスを提供することで、利用回数を増やしてもらうのだ。


介護度の高い方は、ヘルパーを入れているなど、他のサービスを利用されていることが多いが、他のサービスを止めてでも利用回数を増やしてもらえば収益は確実に上がることになる。また、利用者が一人利用を中止したとしても、他の利用者(要介護1~5)が利用回数を増やせば、プラスマイナスゼロということになる。


新規利用者の前に、既存利用者に対するアプローチなのだ。


次は利用者の情報を共有した上で、さらに利用者と親密になる方法をお話しする。

利用者にもケアマネにも効果的な集客戦術は『お手紙』

f:id:office-ebisu:20151207183441j:plain

利用者への手紙

とても地味な作業だが、利用者に対して月に一度は必ずお手紙を書く。そうすることで確実に利用者との距離が縮まってくる。また、その手紙には必ずその利用者と職員が写っている“動きのある”写真をのせること!


職員との写真付きのお手紙を書く!


これは本当に効果がありますから一度やってみてください。

ケアマネージャへの手紙

そしてケアマネージャーに対してもお手紙でデイサービス利用時の姿を事細かく伝えてあげることです。そうすることで、わざわざ「利用者の紹介をお願いします」なんてお願いしなくても、ケアマネージャーの方から新規利用者を紹介してくれるようになります。


おハガキではなく、お手紙で事細かに!!


毎月15日~20日にお送りするのがいいと思います。

今日の気づき

目の前の利用者、そしてお世話になってるケアマネージャーを大切にすることは、結果的に収益を伸ばすことに繋がるのです。

*1:機会コストとは、一つのことをすると、もう一つのことをするチャンスがなくなることである。



トップページへ

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。