LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge


スポンサーリンク

幼児を連れて伊丹空港の展望デッキへ行くなら南側(ANA側)がおすすめ!

f:id:office-ebisu:20151124220812j:plain

家族で伊丹空港へ行ってきました。行ってきたといっても、どこか旅行へ行ったわけではありません。私たち家族は飛行機が好きなので、よく伊丹空港の展望デッキ(展望台)へジェット機を見に行きます。デッキへの入場料は無料ですし、わりといつも空いているので、子供たち(幼児)を遊ばすには格好の場所なのです。伊丹空港には2つの展望デッキがあります。JAL側(北側)とANA側(南側)です。私たちはいつも北側には目もくれず南側にある展望デッキへ向かいます。


スポンサーリンク



子連れ(幼児)なら伊丹空港南側(ANA側)の展望デッキへ!

f:id:office-ebisu:20151123210720j:plain
【写真】伊丹空港・展望デッキ(南側・ANA側)

1.発着陸が南側(ANA側)にあること

小さい飛行機やら大きなジェット機の発着陸を北側より目の前で見ることができます。また、真下にコンテナの移動や、たまに乗客を乗せたバスなども走りますから、3歳の息子はいつも釘づけです。

2.南側(ANA側)の方が幼児が動き回れるスペースが大

南側には子供たちが自由に走り回れるスペースが確保されています。しかし北側には下記の写真のように何人もの人が腰かけることができる場所があるので、子供たちが走り回れるスペースが南側と比べて少ないのです。


f:id:office-ebisu:20151123211749j:plain
【写真】伊丹空港・展望デッキ(北側・JAL側)


実はうちにはもう一人子供がいて、今月から歩き出した1歳の娘がいるのですが、とにかく予測不可能な方向へ歩くので、北側より南側の方が障害物が少なく開放感があっていいのです。そして、これは北側、南側、ともに言えることなのですが、地面が木でフローリングのように貼ってあるので、ひっくり返ってもある意味安心なのです。

3.南側(ANA側)に551蓬莱・豚まんのお店がある

f:id:office-ebisu:20151123214633j:plain

南側の展望デッキの一階には大阪名物551蓬莱の豚まんが売っています。実は伊丹空港には551の豚まんの販売店は幾つかあるのですが、ここ以外は、すべて冷凍状態での販売なので、その場で食べることができないのです。なので私たち家族はいつもここで豚まんを買って展望デッキへ上がるのです。(この日はお店で軽く昼食を済ませて、おやつに豚まんをテイクアウト)


もちろん豚まんを買って北側の展望デッキへ行くこともできるのですが、空港だけあって歩く距離が長く、また、お土産のお店がたくさん並んでいるので、子供たちの興味がそそられ、なかなか北側の展望デッキまで辿り着けません。


ということで、幼児を連れて伊丹空港の展望デッキへ行くなら南側(ANA側)がおすすめというお話でした。

今日の気づき

空港の目と鼻の先に駐車場があるのですが、3時間ほどとめても500〜600円と安いので駐車料金もそんなに気になりません。また、展望デッキのおトイレは最新型でとてもキレイです。子供たちは気にしていませんが、妻はかなりお気に入りのようです。子連れの伊丹空港展望デッキは南側!お忘れなく!

●伊丹空港展望デッキHP:http://www.osaka-airport.co.jp/lasora/view/index.html



トップページへ

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。