LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

90秒以内で完成する最も栄養価の高いメニューは『卵かけご飯』である

f:id:office-ebisu:20151106192838j:plain

毎朝食べる卵かけご飯。私の家族はみんな卵かけご飯が好きだ。茶碗に卵を割って、醤油を入れて溶く。溶いた卵を温かいご飯にかけて食べる。とても簡単なのだ。今日は卵かけご飯にどんな栄養があるのかと、わが家で絶対に切らすことのない卵かけご飯専用のお醤油を紹介する。


スポンサーリンク




「卵かけご飯」は栄養満点

ネットで検索すると「卵かけご飯」の栄養価に関する記事がたくさん出てくるのですが、その中でも一番わかりやすかった記事をご紹介したいと思います。この記事は、AJINOMOTOの商品情報ページから引用したものです。

【知っておいしい!たまごかけご飯の栄養】


卵に含まれるタンパク質の栄養価は理想的で、リジン、スレオニンといった必須アミノ酸(体内で合成されず、食事から摂る必要があるアミノ酸)が豊富に含まれています。


白いお米には必須アミノ酸の含量が低いので、卵を加えることで補うことができるのです。


また「卵はコレステロールが高い」と思われていますが、悪玉コレステロールが多いのは黄身部分で、白身は悪玉コレステロールを打ち消す善玉コレステロールが多いとも言われています。たまごかけご飯にするとき、栄養面では全卵を用いるほうが良いでしょう。


そんなバランス食「たまごかけご飯」は、朝食におすすめ(旅館の朝食でもよく出てくるメニューですよね)。朝食で、良質のタンパク質や炭水化物を摂取すると、1日の生活におけるエネルギーの燃焼効率が良くなると言われているのです。


しかし、たまごかけご飯はビタミン類が少ないため、浅漬けなどの漬物類と合わせることをおすすめします。また、ごまのように、ビタミンEを多く含む食品や、しらす干しなどのカルシウムが豊富な食品をかけて食べるのも、栄養バランスを向上させるコツです。


「卵かけご飯」の健康的な食べ方

f:id:office-ebisu:20151106193858j:plain

  • 卵かけご飯は黄身だけでなく白身も使うこと
  • 浅漬けなどの漬物類と一緒に食べるのが良い
  • ゴマやしらす干しをかけて食べるのが良い


「卵かけご飯」の専用お醤油

ではここで、わが家で絶対に切らすことのない「卵かけご飯」の専用お醤油を紹介したい。

寺岡有機醸造 寺岡家のたまごにかけるお醤油 150ml

少し甘めの醤油に、かつお節・カキ・昆布・椎茸などの風味が溶けこんで最高の逸品。深いコクのなかにほのかな甘みもあって、卵かけご飯だけでなく冷奴や青菜のおひたしにも使っています。そして価格もお安いし。



20151106200502

【商品紹介】
明治二十年より総業し以来百二十余年にわたり、「本物の食文化の創造」を志し、有機しょうゆを中心としたこだわり調味料の製造・販売に努めています。本物の伝承、自然との共生を軸にしたモノ作りの精神は受け継がれてきました。本物の醤油、伝統の技と情熱を惜しみなく注ぎ、手間暇かけて出来上がる、格別なまろやかさと旨みをもった醤油です。本物の有機、有機JASマークを付した有機しょうゆ、有機しょうゆ加工品、有機ドレッシングを中心とする、安心・安全な調味料づくりにこだわり続けています。たまごとの相性を追求し、天然醸造醤油にかつお節・日高昆布・国産牡蠣のうまみをブレンドした、まろやかでほんのり甘めのお醤油です。
AMAZON


今日の気づき

美味しいからといって、朝昼晩食べるのは栄養が偏るので避けた方が良いようだ。兎にも角にも、生卵を食べるのは日本特有の食文化。
いや、日本人とロッキーだけか(^^)



トップページへ

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。