LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge


スポンサーリンク

シニアに特化した便利屋さんで起業!と、意気込む凡人経営者の話

f:id:office-ebisu:20170704205339j:plain

休みに日に仕事をしていると、とくに天気が良い日は精神的に落ち込んでしまう。職場でパソコンに向かいながら「今頃、子供たちは何して遊んでるのだろうか」と考えてしまう。


毎年この時期は週末事務所にこもって仕事をしていることが多い。今年も残り2ヶ月ちょっと。12月はあれやこれやとあっという間に過ぎてしまうので、ぶっちゃけた話、落ち着いて仕事ができるのは11月までだ。


毎年、来年こそこういう生活をやめて、もっと家族と一緒にいようと誓うのだがいつもうまくいかない。


さて、どうしたものか。


いっそのこと経営者なんぞやめて、シニアに特化した便利屋さんでも一人でやろかいなと思うことさえある。


今回の人生、仕事ばっかりでおもしろくもなんともない。前世ではよっぽど遊び人だったんだと思うよ。この世は修行の場ともいう人がいるが、本当に修行のようだよ。


キャワイイ11ヶ月の娘と遊ぶ時間もないんだからね。


どうせあと15年程で現役引退だろうし。


あ~やだやだ。なんだか面白くないよ。


スポンサーリンク



来年は便利屋でもやろかいな!

f:id:office-ebisu:20170704205718j:plain

来年は思い切って、今までとは全く別物の商売でも始めようかと思っている。土日祝日が完全にお休みで、夜の7時までに帰宅できる仕事だ。今の仕事は若いのに任せておいて、自分一人で気楽に進めることができる商いを立ち上げたいと思っている。


あくまでも自分一人でできる仕事だ。ぶっちゃけた話、その候補に便利屋さんがある。便利屋さんと言っても万人向けのものではなく、シニアに限定した便利屋さんだ。


おわりに

先日、妻に「来年便利屋でもやろかな」と言ったら、サラッと「やったら!適当に儲かるんじゃないの。」と返された。どういう意味やろね。



トップページへ

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。