読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

井上陽水『少年時代』のメロディと詩に毎年やられる!あぁ、懐かしくて、そして悲しい。涙が出てくる。またあの少年時代に戻りたい。

雑記

f:id:office-ebisu:20150714191308j:plain

麦わら帽子をかぶって虫取り網を持って親父と田んぼのあぜ道を走り回ったあの頃はもう帰ってこない。勉強なんて一つもせずひたすら遊んだ夏休み。私自身、人生で一番きらきらと輝いていた思い出の季節です。


スポンサーリンク



となりのお金持ちが飼ってるニワトリの卵を盗んだり、ネギ坊主をへし折ったり、今から思えば無茶苦茶な小僧でした。


連続した夏休みの思い出も思い起こした時は「点」。時の流れがない。不思議なことに今思い出せばすべての中身が一瞬で蘇ってくる。


優しかった親戚のあのオッチャン、あのオバチャン、そして恐ろしく厳しかった親父。みんなみんな遠いところへ行ってしまった。


おやじとおふくろが元気だったあの頃に戻りたい。


あぁ、懐かしくて、そして悲しい。


涙が出てくる。


またあの少年時代に戻りたい。

井上陽水のベストアルバム

『GOLDEN BEST』(ゴールデン・ベスト)は、1999年7月に井上陽水がリリースしたベスト・アルバムです。陽水の全時代を通じた貴重な曲が全て収められています。もちろん、「少年時代」も収録されています。


今日の気づき

私の大好きな井上陽水の「少年時代」。今日ラジオで何度も流れていた。この曲を夏ごろ聞くといつも切なくなる。

今回の人生、妻や子供たちとたくさんの思い出をつくっていきたい。連続したありふれた日常でいい。ありふれた日常だからこそ、記憶に思いをのせて感じることができるから。


BACK TO TOP

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.