LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

介護の資格。ケアマネージャーの資格取得を念頭において勤務しよう!

f:id:office-ebisu:20150615042252j:plain

介護の資格はいくつもありますが、その中でもケアマネージャー(介護支援専門員)は比較的高水準の年収を得ることができる資格です。ただ単に介護職員として働き続けるのではなく、現場で経験を積み上げた上でケアマネージャーの資格を取得する。この流れはごくごく自然なことです。


スポンサーリンク



ケアマネージャーの仕事

ケアマネージャー(介護支援専門員)の仕事は、利用者本人と家族が望んでいる介護をキチンと把握し、介護サービス計画(ケアプラン)を作り、実施を支援することです。具体的に言うと、要介護認定申請の代行業務、ケアプランの策定、介護保険の支給限度基準額の上限管理、給付管理業務などがあります。(ちなみに、介護保険施設に勤務した場合は、施設サービスの策定、介護保険費用の計算や請求事務などがあります)


ケアマネージャーの年収

厚労省の賃金構造基本統計調査を見ると、平成26年のケアマネージャーの平均年収は372万円、そこから推定される年間ボーナスは56万円です。過去の年収推移を見ると平成14年以降緩やかな減少傾向にありますが、それでも他の介護系資格の中では高水準の年収を維持しています。


ケアマネージャーの今後

今の日本は高齢化社会を迎えています。あと10年もすれば団塊の世代(第1次ベビーブーム世代、1947~1949年生まれ)も後期高齢者となり、介護を必要とする人が一気に増えます。
団塊の世代・総務省統計局


今後日本の介護サービスは多様化していきます。そんな中で、最適なケアプランを作成することができるケアマネージャーへの要望(需要)は高まってくるに違いありません。



トップに戻る

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。