読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

燃え尽き症候群?変化と刺激のない生活がつまらなくてしょうがない。

雑記

f:id:office-ebisu:20150415104947j:plain

3年目に立ち上げた事業が軌道に乗り、かなりホッとしている今、毎日がつまらなくてつまらなくて。もうどうしようもない。どんだけ面白いゲームでも、初めはいいが、いずれ必ず飽きてしまうのと同じだ。


スポンサーリンク



立場は違うが、みんなと同じように朝から晩まで働いて、家に帰って飯を食い、子供たちと遊び、風呂に入って一杯やって眠りにつく。


極々あたり前のことをあたり前のように月曜日から金曜日まで繰り返しているのだけど、以前はこんなに「つまらない」という感覚に襲われたことはなかった。


なぜこんなに「つまらない」のだろうか。ビジネスに対する野望が擦り切れてしまったせいなのか。


もしかして、燃え尽き症候群?


いや、そうじゃない。具体的な絵はかけていないが、したいことはまだまだ山ほどある。


そうだ、


変化がないんだ。


自分なりに考えてみたんだけど、今の自分は「変化」を起こそうとする力が弱っている感がある。まるで社長のマスクをかぶった三流社員のように。


50を過ぎた年齢のせいかもしれないが、ハラハラ、ドキドキすることがめっきりと減ってしまったのだ。よく考えてみると夫婦喧嘩すら最近していない。


変化できなければ、当然刺激を得られるはずもない。


本当につまらない(自分がつまらなくしている)


見方を変えれば平和な人生をおくっているという考え方もできるが、実際のところ当人はそう感じていない。


振り返ってみれば、起業したころはお金の危機感が常にあって、中長期的な事業計画なんて立てることはできなかった。危機感が思考を停止させたのだ。


今は日常生活の「つまらなさ」が思考を停止させている。お金の危機感はお金が手元に残るようになれば消滅するが、日常生活の「つまらなさ」はお金では到底解決できない。


ならばどうやって、この問題を解決したらいいのか・・・


とりあえず、もっと自分と向き合ってみることにする。

おわりに

もしかして男性特有の更年期障害かもしないな。


BACK TO TOP

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.