読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

鉄道模型(Nゲージ)ではなく、本物を満喫できる梅小路蒸気機関車館

おでかけ

f:id:office-ebisu:20150326060115j:plain

京都市下京区にある梅小路蒸気機関車館へ行ってきました。鉄道模型(Nゲージ)ではなく、本物を見るためです。ちなみに、蒸気機関車とは、蒸気機関によって動く機関車のこと。日本ではSteam Locomotive の頭文字をとって、SL(エスエル)と呼ばれています。


スポンサーリンク



梅小路蒸気機関車館の魅力

レトロな雰囲気の玄関

f:id:office-ebisu:20140925185752j:plain

梅小路蒸気機関車館は、とても歴史を感じる場所です。大人は当時の社会的背景を思い浮かべながら楽しむことができますが、小さいお子様には少し難しく、ただ単に、走り回る場所になるかもしれません(笑)

入館料金は、大人(高校生以上):410円・小人(4歳以上):100円です。

SLスチーム号

f:id:office-ebisu:20140925185432j:plain

入館すればSLスチーム号にも乗れます(大人・高校生以上:200円/小人・4歳以上:100円)。やはり動いているSLは迫力があります。現代の電車とは一味違ったものを感じます。何より音が良いです!

蒸気機関車の車輪の大きさ

f:id:office-ebisu:20140925161534j:plain

梅小路蒸気機関車館の庭に大きな車輪が飾られています。この車輪の大きさには本当に驚かされました。新幹線の車輪より遥かに大きいそうです。

アナログチックな機関室

f:id:office-ebisu:20140925162450j:plain

何がなんだかわからないほどのレバーやメーターが付いています。蒸気機関車を動かすのって半端ない知識を必要としたのでしょうね。


JR京都駅からの行き方

f:id:office-ebisu:20140925155635j:plain

JR京都駅を出てすぐのバスターミナルの【B3】から市バスに乗って、15分ほどで梅小路蒸気機関車館に到着します。休日は近場の駐車場は満車になっていることが多いので、自家用車で行くよりも電車とバスを使った方が良いと思います。


http://www.mtm.or.jp/uslm/

住所:〒600-8835 京都市下京区観喜寺町
TEL:075-314-2996 / FAX 075-314-3054
入館料:大人410円 小人100円
開館時間:10:00 - 17:30(入館は17:00まで)
休館日:水曜日(祝日は開館)、年末年始 ※春・夏休みは開館


2016年に新しい博物館

f:id:office-ebisu:20140926041741j:plain

2016年春に京都梅小路に新しい鉄道博物館ができるようです。
http://www.mtm.or.jp/kyoto/

おわりに

梅小路蒸気機関車館の目玉は、やはりSLスチーム号に乗車できることです。わすが1kmほどですが、体験乗車をすることができます。通常は一日3便ですが、休日は臨時便も出るようです。また、近くに大きな公園もあるので、お弁当を持って、家族で一日のんびり過ごすにはもってこいの場所といえます。


BACK TO TOP

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.