LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

通所介護(デイサービス)の売上と経費の特徴、そして損益計算書の内訳

f:id:office-ebisu:20170530231415j:plain

今回は通所介護(デイサービス)の売上と経費の特徴、そして損益計算書の内訳をポストしたいと思います。


売上の特徴

介護業界の売上げは、利用者(要介護者)に介護サービスを提供することで得られる収入です。この業界の最大の特徴は、お客様つまり利用者がリピーターになりやすく、開業時はかなりの運転資金が必要ですが、損益分岐点に達すれば、その後は安定した利益が見込めるということです。また、新規利用者獲得に関しては一般のお店や教室と違い、外部(ケアマネージャー)からご紹介いただけるといった特徴もあります。


顧客離れについては、利用者及びその家族様にご納得いただけるサービスを提供できていれば、利用者が辞めることはほとんどありません。辞めるときは、病状悪化による入院や死亡などの自然減ぐらいです。ただ、近年では通所介護(デイサービス)が増え、いい加減なサービスを提供していると利用者の意志で余所へ移るといったこともあります。


経費の特徴

通所介護(デイサービス)の場合、人件費が一番大きく、売上の6割程度を占めます。その次に、家賃や水道光熱費などの「施設の費用」と、送迎に必要な「燃料費」と続きます。「施設の費用」だけでも毎月相当な金額になるのですが、稀に「施設の改築や修繕」、そして「福祉用具の購入」など、突発的に多額の費用が必要になることもあります。とにかく、この介護業界は人件費が全経費の大半を占めるのです。


スポンサーリンク



損益計算書の内訳

f:id:office-ebisu:20170530230149j:plain

収益の部

介護事業収益

  1. 介護料収益の内訳:介護報酬収入(介護報酬9割部分)+利用者負担収入(利用者負担金 1 割)
  2. 保険外の利用料収益:障害者自立支援サービス収入や介護保険以外の独自サービス
  3. 補助金収入:都道府県、市町村からの運営費補助(社会福祉法人のみ)
  4. 国庫補助金等特別積立金取崩額:施設建設時の国庫補助(社会福祉法人のみ)存在を相殺するため同額を収益と費用両方から減算する
  5. 介護報酬査定減:未収金計上していたものが減算等で収入が減った場合の額


介護事業外収益

  1. 借入金利息補助金収入・・・・施設建設時の借入金利息に対する補助(社会福祉法人のみ)


費用の部

介護事業費用

  1. 給与費:役員報酬以外の職員給与(法定福利費含む)
  2. 減価償却費:固定資産(1件 10 万円以上)の減価償却の額
  3. その他:介護サービスのために直接使用する費用。車両費(燃料費)、ユニフォーム(被服費)、土地や建物などの不動産賃貸料及びその他経費(消耗品)など


介護事業外費用

  1. 借入金利息:施設建設時の借入金利息返済額


特別損失

  1. 本部費繰入:法人本部繰入額及び役員報酬額


おわりに

社会福祉法人は、収益の部分で補助金が入る。社会福祉法人の内情はよく知りませんが・・・。補助金に関しては、ほんとうらやましい限りです。


【過去に書いた人気記事】
この記事には、本当は秘密にしておきたかった、私自身が経営危機を乗り越えた方法をあからさまに書き記しています。お時間があればお読みください。


(2017/5/30 更新)



トップページへ

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.
文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。