読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEWORK LOG

Summary of thinking and knowledge.

介護認定で要支援者数は増加傾向!介護予防給付の地域支援事業への移行がもたらす変化

f:id:office-ebisu:20150504091109j:plain

介護予防給付の地域支援事業への移行で日本の介護はどう変化していくのか。介護報酬の引き下げが決まったことが、要支援者に対するサービスのクオリティ低下につながることはないだろうか。不安はたくさんある。しかし、その一方で、介護予防給付の地域支援事業への移行で、サービスにおける自由度が増し、介護認定を受けた要支援者に対し、多種多様なサービスが提供されるのではといった期待感もある。


スポンサーリンク



予防給付の見直し

  1. 要支援者に対する介護予防給付については、市町村が地域の実情に応じ、住民主体の取組を含めた多様な主体による柔軟な取組により、効果的かつ効率的にサービスの提供をできるよう、地域支援事業の形式に見直すことを検討。
  2. 全国一律のサービスの種類・内容・運営基準・単価等によるのではなく、市町村の判断でボランティア、NPO、民間企業、社会福祉法人等の地域資源を効果的に活用できるようにしていく。
  3. 移行後の事業も、介護保険制度内でのサービスの提供であり、財源構成も変わらない。
  4. 事業への移行にあたっては、既存介護サービス事業者の活用も含め多様な主体による事業の受け皿を地域に整備するため、地域の実情に合わせて、一定程度時間をかけて行う。

f:id:office-ebisu:20150212062501j:plain



※予防給付についての具体的な内容は下記ファイルで↓

予防給付の見直しと地域支援事業の充実について
社会保障審議会:介護保険部会(第51回) 資料1平成25年10月30日



注目すべき点

私が今注目しているのは、(2)の太文字の部分「市町村の判断でボランティア、NPO、民間企業、社会福祉法人等の地域資源を効果的に活用」の部分だ。介護予防給付の地域支援事業への移行により、そこに新たな大きな市場が生まれることは間違いない。ボランティア・NPO・社会福祉法人だけでなく、民間企業も参入できるのだから当然と言えば当然かもしれない。これまでより質の高いサービスが要支援者に提供されることが期待される。また、昨今は、国や自治体、公的金融機関等が積極的にNPOの支援に取り組んでおり、各種助成金、補助金等の融資を受けやすくなるといったことや、活動が広く知り渡れば、優秀な人材からのコンタクトも増える可能性があるので、今からNPO法人の立ち上げ準備に入る人も少なくないだろう。

f:id:office-ebisu:20150212061111j:plain


おわりに

今回の介護予防給付の地域支援事業への移行は、これまでにないほどの大きな改革。現在サービスを提供している事業者は、移行期間中に、新規参入してくる各種法人の動きを注視しながら、完全移行までに独自のサービスコンセプトの確立を目指す必要がある。


BACK TO TOP
©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.