読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

家族との時間を大切にしたい気持ちが巣ごもり消費に繋がっている

雑記

f:id:office-ebisu:20150126110436j:plain

家族の絆が巣ごもり消費の原因かもしれない。消費税が5%から8%になり、私自身、更に財布のひもを締めるというか、無駄遣いをしないよう心掛けています。でもよく考えてみると、無駄遣いは昔からしないようにしているし・・・


もしかすると、お金とかの問題ではなく、家族との時間を大切にしたいと自然とそう思う年齢になったのかもしれません。


スポンサーリンク



ぶっちゃけた話、景気が悪くなると外食産業の経営が悪化しているとか言って、メディアで大きく取り上げられたりしますが、私は増税による個人負担が増えることだけが外食を控えさせているとは思っていない。


私は家族と一緒にいる時間を大切にしたいと思う人が増えてきたことが、その大きな理由の一つではないかと感じている。外食へ行くと料金を気にしたり、子供の声の大きさを気にしたりと家族に集中できないことが多い。リラックスして家族で食事を楽しむことができないのです。


f:id:office-ebisu:20140507183713j:plain

それより家族で買い物に行って、和気あいあいと家で鍋を囲んだり、いろんな野菜を使って野菜炒めを作る方が楽しいし健康的で安くつく。もちろんお店で飲むよりお酒も安い(笑)


こういうのを世間では「巣ごもり消費」と言うのでしょうが、「巣ごもり消費万歳!」だと思いませんか。


おわりに

巣ごもり消費が増えれば増えるほど、外食産業は痛いでしょうが、でも大局的な視野に立って考えると一概に悪いことではありません。家族の絆を大切に思う人が増えれば増えるほど、巣ごもり消費が増していく気がしてなりません。


60歳以上の人が最も生きがいを感じるのは「孫など家族との団らん」の時間 - LIFEWORK LOG


BACK TO TOP

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.