読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEWORK LOG

Summary of Thinking and Knowledge

こんな考え方もある。仕事が『おもんない』時の対処法

仕事ってしんどいよ。通勤時間を含めると軽く12時間ほど職場に拘束されてるんだから。一日の半分が仕事だよ。 そんなしんどいもん, 「辞めてまえ〜」

経費節減と節税の知識を身に付ける4冊の良書

私は会社を経営しているが、今振り返ってみると経費削減や節税の勉強をするようになってから自由に使えるお金が増え、少しばかり貯金ができるようになったと感じている。

『仕事の進め方』&『社内プレゼン資料作成』のあれこれ

人は一度目にしたものの価値を低く見積もる心理的傾向を持っている。私たちはどちらかというと目新しいものを好む。たとえば、新車・新店・新車・新規事業など、なんでも「新」がついていればよく見えてしまうのだ。

経営難に直面したとき『引き潮』と『満ち潮』の概念を思い出せ!

ビジネス(経営)には「引き潮」と「満ち潮」がある。入ってくるお金より出ていくお金の方が多い時は「引き潮」。その逆で、出ていくお金より入ってくるお金が多い時は「満ち潮」だ。

あの娘が教えてくれた商法!信頼関係があれば在庫なしでも商いは成立する。

元手がないのに商いを進めている女の子がいた。

商品販売の極意は、強烈に『結果』を見せつけることである。

世の中にはいろんな商売があるけれど、ものやサービスを売るのに困っている人はとても多い。私もそのうちの一人だったが、数年前、あるエクササイズ系商品のヒットから学びを得た。

唯一生き残るのは変化できる者だと証明した携帯ショップ併売店の事例

最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは変化できる者である。これはイギリスの自然科学者チャールズ・ダーウィンの言葉だ。今日はこの言葉をある携帯ショップ併売店にあてはめて考えてみたい。

ジョイントベンチャーのメリットは絶大!学んで実行に移す勇気を持て!

ジョイントベンチャーのメリットを知って新しいビジネスを創出しよう!大小かかわらず経営者っていうのはたいへんなもんだ。どんな業種でも楽な経営はないんじゃないかな。収益についてだったり、スタッフについてだったり、将来の事業計画であったり、ほん…

スクールビジネスにおける人件費の指標は売上の35%

みなさんの教室では人件費の指標を設定していますか。実はスクールビジネスのような仕入の発生しないビジネスの世界では「35%」というのが一つの目安になっています。

経営はギリギリがちょうどいい。もっと稼がなあかんと思うでしょ!

会社を経営して20年以上経つと、良い時も悪い時もある。一ケ月に100万円以上の利益が出たり、その逆で一ケ月に数百万の赤字もあった。今になって考えてみると、大きな利益が出た時のお金って案外残っていないものだ。

仕事がつまらなくなったら、まず最初に自分自身を見つめなおそう!

仕事がおもしろくないと毎日がつらくて、朝起きるのもおっくうになり、仕事中にボーっとしてミスをすることが多くなる。学生時代に夢見た仕事に就いたのに、仕事が日に日におもしろくなくなってくる。仕事に集中できなくなってくるのだ。

ものやサービスを売る最強の手段は『リスクリバーサル』である!

ものやサービスを売る最強の手段は『リスクリバーサル』である!収益と言うものは商品やサービスをキャッシュと交換する時に生まれます。どんなに安い商品でも、買い手は「買って損した!」みたいな気持ちにはなりたくないもの。それが人情と言うものです。

カリスマ性なんて持ち合わせていなくても組織は充分動くもの

世間には注目を集めるリーダーがいるけど、べつにカリスマ性なんて持ち合わせていなくても組織は充分動く。社内でカリスマ的存在にならなくても何も問題はない。リーダーに必要なのは、組織の使命を考え、そして定義し、それを具体的な行動に移すノウハウ。…

シニア団塊世代を一括りにしてビジネスを進めてはいけない!

シニア団塊世代を一括りにしてビジネスを進めてはいけない!それを丁寧に教えてくれる「シニアビジネスの教科書」。シニア、シニアと簡単にいうけれど、シニアビジネスというものはシニアの特徴を事細かに理解していないと成功できない。

世間に出回っている情報をすべて鵜呑みにしてはいけない

世間に出回っている情報をすべて鵜呑みにしてはいけない!商いの規模が大きくなるにつれ、多くの顧客や取引先と関係ができていきます。そうなるとさまざまな情報が自動的に、そして創業時とは比べ物にならないほどの量、入ってくるようになります。また、今…

組むなら、したいことのベクトルが同じで、モチベーションが高く、想いをシェアできる人と組め!

最近身近なところで、「たとえ波長が合わなくても業界で幅広い人脈を持っている人と付き合うべきだ」という人がいたんだけど、なんかこういうのって古臭い感じがする。他人さんに気を使って、人脈を使わせて頂いて・・・。実際のところこういう関係は長続き…

お客様を呼ぶには明確で絞り込まれたコンセプトが必要

商売を始めたならお客様を増やしたいと思うのは当然です。人を呼ぶには明確で絞り込まれたコンセプトが必要です。また、老舗と呼ばれているお店の多くが、この考えつくされたコンセプトをもとに長期間商いを進めています。

シニア顧客は一人ひとりが異なるという原点に立って戦略を立てることが必要

シニア顧客は一人ひとりが異なるという原点に立って戦略を立てることが必要である。シニア世代は介護が必要な方がいる反面、一方では元気なシニアが多数派であり、健康面、体力面での個人差が大きい世代である。また、生活の価値観や生活スタイルも多様であ…

赤字の背景を知り、みんなで心をあわせれば黒字転換は可能

赤字の背景を知り、事業に関わるみんなで心をあわせれば、多くの場合、黒字転換できるものです。経営者の仕事の8割は集客なのに、それを実行せず(もしくは知らず)に悩んでいる経営者は多い。事業が採算にのらないのである。 しかし、近い将来に採算にのる…


BACK TO TOP

©2014-2017 LIFEWORK LOG, All rights reserved.